このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

エレコムから2シリーズ計5製品登場!SSレアな左利きモデルも

トラックボール新製品ラッシュに大歓喜!EX-G&DEFT試用レポート

2015年12月15日 11時00分更新

文● 飯島範久 撮影●篠原孝志(パシャ) 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回発売されたトラックボールは、親指操作タイプと人差し指操作タイプの2シリーズ。2.4GHzワイヤレスタイプと有線タイプがそれぞれ用意され、親指タイプに至ってはなんと左利きモデルまでウェブ販売される熱の入れようだ。さっそく詳細を見てみよう

エレコム方面にて突如トラックボール祭、開催!

 パソコンの入力デバイスとしては、マウスと比べて圧倒的にユーザー数が少ないトラックボール。そんなデバイスに対し今秋、突如2シリーズ計5製品も新登場し、筆者周辺のトラックボールユーザーは大騒ぎ!

 なかなか新製品が登場してくれず、昔からの製品を大切に扱ってきたユーザーたちは、このような大英断を下してくれた周辺機器メーカーであるエレコムさんに対し、足を向けて寝られないのである。

 特に今回発売された5つの製品のうち、左手操作用トラックボールが含まれているのがかなりの驚きだ。マウスでさえ、なかなかお目にかかれない代物にもかかわらず、トラックボールで左利きという究極に絞られたユーザーのために製品を開発するなんて、エレコムさんの心意気を感じてしまわずにはいられない。

親指操作タイプには、左手操作用「M-XT4DRBK」も用意

 もともとはマウスもボールを転がして操作していたモノだ。要はボールを手のひら全体で転がして操作するか(マウス)、ボールを指先で操作するか(トラックボール)の違いだった。

 筆者の記憶では数十年前から一貫してマウスユーザーが多数派だったが、トラックボールユーザーも今よりは存在していた。その後マウスがボールレスになり、操作性や認識度が圧倒的に向上するとともに、ほぼメンテナンスフリーになった結果、トラックボールユーザーは衰退し限られたマニアックなデバイスとなってしまった。

 指先でコントロールするトラックボールは、マウス操作より制御が難しく、ある程度慣れが必要だ。なのでちょっと触っただけでダメだと判断を下してしまいがち。特に使っている人のトラックボールを触らせてもらうと、設定が合わない場合もあり、より使いにくく感じてしまうこともある。

 マウスより自分なりにしっくりくるようカスタマイズをする必要があるデバイスなのだ。そのためスイートスポットにハマったら抜け出せない人も多い

 発売された5つの製品は、親指操作タイプが3製品、人差し指操作タイプが2製品に大きく分けられる。それぞれ2.4GHzワイヤレスタイプと有線タイプが用意され、親指タイプは先ほど紹介したように左手操作用モデルもある。

手の「のせ心地」を追求するマウス“EX-G”シリーズの最新モデル

無線タイプ「“EX-G”M-XT2DRBK」。価格はエレコムダイレクトショップで1万0152円有線タイプ「“EX-G”M-XT2URBK」。価格は8230円
ウェブ限定左利き用無線タイプ「“EX-G”M-XT4DRBK」。価格は1万1502円

人差し指操作タイプならではの「のせ心地」を追求した“DEFT”シリーズ

無線タイプ「“DEFT”M-DT1DRBK」。価格は1万2085円有線タイプ「“DEFT”M-DT1URBK」。価格は1万0152円

 次のページでは、各製品の特徴を見ていこう。

(次ページでは、「手にフィットする「のせ心地」と大型人工ルビーの支持球により操作性が向上」)

前へ 1 2 3 4 次へ

エレコム公式FBページ

プレスリリース