このページの本文へ

SKhynix「HFS250G32TND-3112A」、「HFS500G32TND-3112A」

500GBでいきなり2万円割れのSKhynix製SSDが店頭に

2015年10月17日 22時03分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SKhynixから2.5インチSerial ATA対応SSDの新モデル「CANVAS SL300」シリーズが登場した。発売されたのは、容量250GBモデル「HFS250G32TND-3112A」と容量500GBモデル「HFS500G32TND-3112A」の2モデル。パソコンショップアークで販売中だ。

SKhynixから登場した2.5インチSerial ATA対応SSDの新モデル「CANVAS SL300」シリーズ

 SKhynixから発売中のSSDといえば、コストパフォーマンスに優れていることで人気の「CANVAS SC300」シリーズがある。今回登場した「CANVAS SL300」シリーズとの違いは、MLC NANDからTLC NANDへ変更されたこと。保証期間も5年から3年へ短縮されている。

 主なスペックは、最大転送速度がシーケンシャルリード540MB/sec、同ライト470MB/sec、ランダムリード9万5000IOPS、同ライト8万5000IOPS。消費電力は、読み取り時最大2.5W、書き込み時最大3.0W、アイドル時0.5W。

 価格は「HFS250G32TND-3112A」が9480円、「HFS500G32TND-3112A」が1万9800円だ。

従来モデル「CANVAS SL300」シリーズとの違いは、MLC NANDからTLC NANDへ変更されたこと。大容量500GBモデルがラインナップしている点もポイント

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中