このページの本文へ

7スタイル変化のdynabook KIRA L93など4機種ラインアップ

「dynabook KIRA」シリーズ2015年秋冬モデル発表、Windows 10搭載でハイレゾ対応に!

2015年10月13日 15時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook KIRA L93/TG」

 東芝は10月13日、13.3型ノートパソコン「dynabook KIRA」シリーズの2015年秋冬モデル「dynabook KIRA L93/TG」「dynabook KIRA V83/TS」「dynabook KIRA V73/TS」「dynabook KIRA V63/TS」を発表した。いずれも10月23日発売予定。

 全機種とも、2015年夏モデルと比較して、OSをWindows 10 Home(64bit)にアップデート。新たにデュアルマイクを内蔵するほか、ハイレゾにも対応。また、次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault」にも対応し、SeeQVault対応のREGZAサーバーなどで録画した番組のデータを、SeeQVault対応の「CANVIO」やSDメモリーカードに移動すればハイビジョンのまま視聴できる。出荷前に色調整を実施し、自然な色味を再現するという。

 dynabook KIRA L93/TGは、用途に応じて7つのスタイルで使用できる13.3型ノートパソコン(7つのスタイルについてはこちらの記事を参照してほしい)。電磁誘導方式のデジタイザーを付属し、自然な書き心地の手書き入力が可能だとしている。2560×1440ドットと高解像度なのも特徴だ。

 主なスペックは、Core i7-5500U(2.4GHz)、8GBメモリー、128GB SSDという構成だ。通信規格は、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応する。Harman/Kardonのステレオスピーカーを内蔵している。予想価格は24万円前後(税別、以下同)。

dynabook KIRA L93/TGの直販モデルはコチラ
「dynabook KIRA V83/TS」「dynabook KIRA V73/TS」「dynabook KIRA V63/TS」も登場

 dynabook KIRA V83/TSdynabook KIRA V73/TSdynabook KIRA V63/TSは、本体ボディーにマグネシウム合金を採用し、成型技術を組み合わせることで堅牢設計を実現したという。全機種ともHarman/Kardonのステレオスピーカーを内蔵する。通信規格は無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0に対応している。インターフェースはUSB 3.0端子×3、HDMI出力端子(4K出力対応)、SDカードスロットなど。

 dynabook KIRA V83/TSは、Core i5-5200U(2.2GHz)、8GBメモリー、256GB SSDという構成だ。ディスプレーはタッチ操作対応の13.3型で、解像度は2560×1440ドット。価格は20万円前後。

dynabook V83/TSの直販モデルはコチラ

 dynabook KIRA V73/TSは、Core i5-5200U(2.2GHz)、8GBメモリー、256GB SSDという構成だ。ディスプレーは13.3型で、解像度は1920×1080ドット。価格は18万円台半ば。dynabook KIRA V63/TSは、dynabook KIRA V73/TSをベースに128GB SSDを搭載するモデルで、価格は17万円前後。

dynabook T73/TSの直販モデルはコチラ
dynabook T63/TSの直販モデルはコチラ

カテゴリートップへ

インテルバナー