このページの本文へ

Dospara「Diginnos Stick DG-STK1B」

OS単体購入よりも安いWin10搭載のスティック型PCが発売

2015年10月02日 22時56分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10標準搭載のドスパラのスティック型PC「Diginnos Stick」。新モデル「Diginnos Stick DG-STK1B」の販売が、ドスパラ本店でスタートしている。価格は1万2800円(税抜)。DSP版のWindows 10よりも安い価格設定だ。

Windows 10 Home 32bitをプリインストールする「Diginnos Stick DG-STK1B」

 「Diginnos Stick DG-STK1B」は「Diginnos Stick DG-STK1」の後継モデルとなるスティック型PC。OSにはWindows 10 Home 32bitをプリインストールしながらも、価格が1万2800円(税抜)と非常に安い。

 CPUに「Atom Z3735F」(クアッドコア/定格1.33GHz/キャッシュ2MB)を搭載するなど、基本スペックに変更はないが、重量は55gから50gへと軽量化しているという。なお、本体は放熱性がある金属製を採用する。

 そのほか主なスペックは、DDR3L 2GB、32GB eMMC。インターフェースとしてUSB、MicroUSB、microSDカードリーダーを搭載。無線LANはIEEE 802.11 b/g/nに対応する。

 発売に先立ち行われた発表会の様子は、こちらを参照してもらいたい。

価格は1万2800円(税抜)。DSP版のWindows 10よりも安い価格設定で販売中だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

ラインナップ
コンテンツ