このページの本文へ

「大企業向け製品技術を中小企業でも導入しやすく」まずはネットワーク製品から展開

シスコが国内中小企業向け製品ブランド「Cisco Start」発表

2015年09月17日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シスコシステムズは9月16日、従業員25~100名規模の中小企業市場向け製品ブランド「Cisco Start」を発表した。日本仕様の製品開発やサポート窓口の強化、ECサイトも含めた全国販売チャネルの展開と支援など、日本市場独自のマーケティング施策となる。第一弾として、ルーターや無線LAN機器などのネットワーク製品がラインアップされている。

同日オープンした「Cisco Start」のブランドサイト。製品情報だけでなく、ワークスタイル変革や業務効率改善など中小企業の求める情報コンテンツを掲載していくという
米シスコ エンタープライズ インフラストラクチャ&ソリューションズVPのジェフ・リード氏シスコ 専務執行役員 コーポレート事業統括の中島シハブ氏

「シンプル/スマート/セキュア」がテーマ、日本仕様の新製品も

 発表会に出席したシスコ 専務執行役員 コーポレート事業統括の中島シハブ氏は、「人材不足」や「デジタル時代のIT活用」「セキュリティ」といった課題を抱える国内の中小企業に対し、シスコが30年の実績を生かした「シンプル、スマート、セキュアな製品群を提供していく」のがCisco Startだと説明した。

 また、米シスコ エンタープライズ インフラストラクチャ&ソリューションズVPのジェフ・リード氏は、Cisco Startのポートフォリオについて「中小企業向けであっても妥協のない機能を、妥当な価格で提供するものだ」と語る。

“Cisco Start”シリーズ第一弾として、ルーターやスイッチ、ワイヤレス、ファイアウォールがラインアップされた。「サイズや価格、機能が中小企業向けに最適化されている」(中島氏)

 これらの製品のうち、小型ルーターの「Cisco 841M Jシリーズ」は日本の中小企業向けに開発された新製品だ。IPv4実効速度2.0Gbpsの同シリーズは、WAN側2ポート、LAN側4ポート/8ポート(すべてギガビットEthernetポート)を備えており、日本語のセットアップウィザードで簡単に設定ができる。2年間の保守サポート付き。

Cisco 841M Jシリーズは日本語GUIを搭載。セットアップウィザードで簡単に設定ができる

 WAN回線としてフレッツ光ネクスト/PPPoEに対応するほか、3G/4GのUSBドングルも接続できるため、バックアップ回線としてWWANを利用可能。また、IOSを搭載しており「Advanced Security」や「Advanced IP Services」に対応。IPsec VPNやURLフィルタリング、シスコのクラウドベースセキュリティ(CWS)といったセキュリティ機能を利用できる。

 「“Cisco Startルーター”は、日本市場向けにR&Dチームを設立し、日本市場向けに機能をパッケージし直して完成した製品だ」(リード氏)

“Cisco Startルーター”Cisco 841M Jシリーズの特徴。上述したほかにも、アプリケーション可視化などネットワーク利用状況の監視機能、プログラミングによる自動化機能などを備える

 そのほか、Cisco Startシリーズの第一弾製品群としてスイッチ「Cisco Small Business 110/300シリーズ」、ワイヤレス「Cisco Aironet 1700/1800シリーズ」、セキュリティ「Cisco ASA5506-X」が発表されている。中島氏は、今後もさらにシリーズのラインアップは拡充していく方針だと語った。

「品質は良いが価格が高いシスコ」のイメージを刷新したい

 中小企業市場への展開にあたり、シスコでは販売支援体制の強化も推進する。通常の販売チャネルに加えて、パートナーやディストリビューターとの連携を強化し、全国の中小企業への販売/サポート体制を強化する。また、Cisco Startのブランドサイト、およびサポートコミュニティサイトを立ち上げ、ECサイト「NTT-X Store」での販売も開始している。

国内中小企業向けのマーケティング/販売展開を説明した、シスコ 執行役員 マーケティング本部 本部長の鎌田道子氏ダイワボウ情報システム 取締役 販売推進本部長兼販売推進4部長兼東京支社長の松本裕之氏

 シスコ 執行役員 マーケティング本部 本部長の鎌田道子氏は、中小企業の顧客が必要とする製品およびサポート情報は、すべてオンラインで提供すると説明した。ブランドサイトでは、最新のセキュリティレポートやワークスタイル変革、業務効率改善についての記事、導入事例紹介など、中小企業が求める幅広い情報を提供していく。また、コミュニティサイトでは、ユーザー間の情報交換だけでなく、シスコ側からも製品関連の技術情報を公開していくとした。

 「中小企業のシスコに対するイメージは、製品は良いが価格が高い、サポート力で国産ベンダーに負ける、というもの。新しいイメージを持っていただけるよう努力していく」(鎌田氏)

ブランドサイト、オンラインコミュニティ、メールマガジンやSNSなどを通じて積極的な情報発信を行っていくとした

 また25名、50名、100名規模の企業向けに、あらかじめCisco Start製品を組み合わせた「推奨パッケージ」も提供する。「それほど考えずに導入いただくこともできる」(鎌田氏)。

 また、Cisco Start製品のディストリビューターを務めるダイワボウ情報システム(DIS)の松本氏は、「DISが推進する企業へのモバイルデバイス普及に向けて、安定したセキュアなネットワークが必要」だと語り、Cisco Startシリーズがこうしたニーズを低コストで実現することへの期待を述べた。DISでは、全国1万9000社の販売パートナーを通じてCisco Start製品を販売していく。

カテゴリートップへ

ピックアップ