このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ニコニコ町会議 in 福岡県 福岡市 Bayside Festival

ラブライブ!コスが可愛すぎた ニコニコ町会議2015福岡ほぼ完全レポ

2015年09月15日 20時45分更新

文● 多田祥人、広田稔 編集 ●ガチ鈴木

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ニコニコ町会議 in 福岡県 福岡市 Bayside Festival」の会場は博多港が目の前! 快晴の中、海風を浴びながら気持ちよくステージやブースに参加できた

 9月13日、niconicoは福岡県福岡市で今年6回目となる全国ツアーイベント“ニコニコ町会議”を開催した。

 今年のコンセプトは、毎年ゴールデンウィークに幕張メッセで開催する“ニコニコ超会議”、ライブイベントの“ニコニコ超パーティー”、ゲーム大会と実況が中心の“闘会議”といったniconicoのイベントを一度に体感できるというもの。超会議でも出展していた各ブース、歌や踊り、DJを楽しめる超パーティーステージ、デジタル・アナログの両方をカバーしたゲーム実況ブースと、怒涛の企画を展開していた。

 MCの百花 繚乱さんと来場者によるコールアンドレスポンス「ふーくおか」、「めんたいこ!」で始まり、1万人の来場者と25万人超の生放送視聴者を集めて盛り上がった現地をレポートしていこう。

博多港を目の前にした絶好のロケーション

 福岡市は福岡県の西部に位置する、人口153万人の都市。名物料理といえば、辛子明太子やとんこつラーメン、もつ鍋、水炊きなどが名を連ねる。会場となった博多港の中央ふ頭イベントヤードは、空の玄関口である福岡空港から地下鉄とバスで30分ほどのところにある。

 福岡は九州最大の都市なので、“町”を中心に巡業してきた過去の会場とはちょっと自治体の規模が異なるが、その裏にはゲーム大会をテーマにした別の全国ツアー“闘会議GP”を併催したことが影響していそうだ。

町会議のとなりで、朝10時から18時30分ごろまで開催していた闘会議GP。『Splatoon』の全国大会予選である“スプラトゥーン甲子園”などの企画を実施していた博多港は外国航路で乗降人員が日本一。近くに豪華客船が停泊し、頻繁に船が出入りしていた

 当日は、前日の雨が嘘のように上がって快晴の天気だった。9月に入って季節は秋となったが、現地がやや強めの光とやわらかな潮風だったので、夏の野外フェスのような雰囲気だった。

博多駅からバスで行けることもあって、開場前に多くのお客さんが行列をつくっていた一緒にイベントの成功をつくるために、出演陣も気合を入れます!
オープニングセレモニーは、百花 繚乱さん、みぃさん、杉本社長といういつものメンバーがMCを担当

 町会議は、地元のユーザーから開催してほしいという応募があって、初めてniconicoが自治体との交渉をスタートする。今回、福岡を開催地に導いたのは“あーちゃ”さん。オープニングではステージに登場し「すごい人がいっぱいいてビックリしてます」と感想を話すと、杉本社長に「いや、あなたが呼んだんだから」と突っ込まれていた。

 同じくオープニングセレモニーでは、福岡検定事務局、小林信宏係長が登壇。「福岡市にたくさん集まってもらってうれしいです。福岡の良いところを探してそれを検定にしている。今年で3回目になる。来年1月17日に第3回をやる。ちょうどセンター試験の日なんですけど、センター試験を受けなくていい人とか、受けたくない人はこっちの試験を受けてください」と挨拶すると、会場からは笑い声が上がった。

 さらに福岡市観光案内ボランティアの方が「博多情緒めぐり知ってますか? 知らないでしょほとんど。もう10回やってるんです。ガイドと一緒に博多の町を楽しく歩いて、博多のいいところ、あるいはこれから楽しめるところを存分に楽しめますので皆さんのお越しをお待ちしてます」と語りかけていた。

今回の出演者で好きな方を聞かれて答えた“ただのん”さんに頭をなでられて驚くあーちゃさん福岡検定事務局の小林信宏係長
恒例の「パッカーン」の掛け声でくす玉をわって町会議福岡、スタートです!

ネタもガチも! コスプレイヤーさんで賑わった会場

 博多の町会議で特に目立ったのはコスプレイヤーさんで、会場のあちこちで多様なキャラを見かけた。開場前にはコスプレクロークに行列ができていたので、非常に多くのコスプレイヤーが集まったようだ。コスプレ仲間で楽しそうに会話したり、「一緒に撮ってください!」と撮影をお願いされたりと、それぞれに楽しんでいた。

 他の会場でも実施してきた、コスプレイヤーさんが壇上でアピールできる“町コスプレクション”のステージ企画も、10組14人が集まるなど人気を博していた。

MCをつとめたのは、踊ってみたカテゴリーで活躍する“あぷりこっと*”さん(一番左)と、生主兼レイヤーのみゃこさん(左から4番目)みゃこさんは『ラブライブ!』の星空凛コスでお手本を披露。ポーズが決まってます!

 ステージは、全身白タイツでアスキーアートの“ショボーン”をまとった方や、足がめちゃくちゃきれいな女装メイドさんなど、インパクト大なメンバーから始まった。スマホゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』から、ホワイトデー編URの園田海未、小泉花陽の装いをした2人組が登場すると、会場から「かわいー」との感想が漏れる。VOCALOIDの鏡音リン・レンを再現した2人組がパフォーマンスで抱きつくと、あぷりこっと*さんが「ごちそうさまです。ありがとうございます」とよろこぶ一幕もあった。

衣装だけでなく、ステージ上でどうアピールするかで大きく印象が変わってくるのが町コスプレクションのおもしろいところだ

 会場で激写したコスプレイヤーさんたちを、ずずずいっと紹介していこう。

 もちろんステージや各ブースも熱気が途絶えなかった。例えば、“町☆踊ってみた”ブースでは、過去最高と思われるほど多くの参加者が集まって、ボカロ曲『39』の振り付けをレッスン。ラストには“連続で踊ってみたオフ”として、『ルカルカ★ナイトフィーバー』や『チルノのパーフェクトさんすう教室』など踊ってみたでもメジャーな曲をみんなで楽しく合わせていた。

踊ってみた出身の出演者も、てぃ☆イン!の2人、あぷりこっと*さん、めろちんさん、ただのんさんと、ほかの会場に比べて多めだった
メインステージでも、PCFのメンバーがサイリウムと全身を使ったオタ芸で客をブチ上げる!
エンディングでは、ずっと“町☆踊ってみた”にいたという招致ユーザーのあーちゃさんが「皆さんのおかげで今日はめちゃくちゃ楽しかったです。ありがとうございました」とコメント福岡市観光案内ボランティアのガイドさんは玉すだれを片手に「こんなにいっぱい来てくれたことがうれしいです」とテンション高めで叫んでいた。
最後に『Help me, ERINNNNNN!!』、FLOWの『GO!!!』を大熱唱して完全燃焼!
今回の集合写真をパチリ

 次回は9月26日、北海道札幌市のスポーツ交流施設“つどーむ”にて開催される“ニコニコ町会議 in 北海道 札幌市」”。公式ページにて出演者も発表されているので、お近くの方はぜひ参加してみよう(といっても北海道は広すぎますが……)。

(次ページより、フォトレポートをお届け!)

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ