このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

エントリーノートの「HPシリーズ」とスタンダートノートの「Pavilionシリーズ」をラインアップ

4万円台から、日本HPがWindows 10搭載の2015年秋冬モデルノートPC発表

2015年09月09日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HP 15-ac100」

 日本HPは9月9日、エントリーノートパソコンの「HPシリーズ」とスタンダードノートパソコンの「Pavilionシリーズ」で、Windows 10 Home(64bit)を搭載する2015年冬モデルを発表した。

 HPシリーズの2015年冬モデルは、15.6型の「HP 15-ac100」と14型の「HP 14-ac100」をラインアップする。どちらも、本体ボディーに傷や指紋が付きにくいという「HP Inprint」テクノロジーを採用する。

 HP 15-ac100は、スペックが異なる「エントリーモデル」「スタンダードモデル」「スタンダード・オフィスモデル」を用意する。全機種ともディスプレーは15.6型で、解像度は1366×768ドット。クリアなサウンドが楽しめるという「dt Sound+」を搭載する。通信機規格は、有線LAN(100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0に対応している。

 インターフェースはUSB 3.0×1、USB 2.0×2、HDMI出力×1、ヘッドフォン出力/マイク入力×1など。カラバリはホワイトシルバー/ノーブルブルーの2色。

 エントリーモデルは、Celeron N3050(1.6GHz)、4GBメモリー、500GB HDDという構成だ。スタンダードモデルは、Core i5-5200U(2.2GHz)、4GBメモリー、500GB HDDを搭載する。スタンダード・オフィスモデルは、Core i5-5200U(2.2GHz)、4GBメモリー、1TB HDDという構成で、Office Personal Premium プラス Office 365 サービスを標準搭載する。予想価格は7万200円前後から。

4万円台から購入できる14型「HP 14-ac100」

HP 14-ac100

 HP 14-ac100は、CPUが異なる「ベーシックモデル」「エントリーモデル」「スタンダードモデル」をラインアップする。全機種とも、メモリーは4GBと8GBが選択可能で、ストレージは500GB HDDを搭載する。ディスプレーは14型で、解像度は1366×768ドット。通信規格は、有線LAN(100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0に対応している。

 インターフェースは、USB 3.0×1、USB 2.0×2、HDMI出力×1、ミニD-sub 15ピン×1、ヘッドフォン出力×マイク入力×1など。カラバリはホワイトシルバー1色。

 CPUは、ベーシックモデルがCeleron N3050(1.6GHz)、エントリーモデルがCore i3-005U(2.0GHz)、スタンダードモデルがCore i5-5200U(2.2GHz)。予想価格は4万8384円から。

HP Directplus オンラインストア

(次ページ「4つのモードで使える15.6型コンバーチブルノート『Pavilion 11-k100x360』」へ続く)

前へ 1 2 次へ