このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

パーツ換装でMac Pro(Mid 2012)を徹底パワーアップ!

2015年03月07日 12時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2013年8月の「『Mac Pro』を自作マニアが徹底カスタマイズ! まるで別物に?!」と2014年01月の「Mac Pro(Mid 2012)カスタマイズ記パート2! CPU換装に挑戦でパワーアップ」を行なってきた我が愛機の「Mac Pro(Mid 2012)」改め、“Mac Pro改”くん。

 前回換装した、2.93GHz/最大3.33GHz動作の6コア/12スレッドCPU「Xeon X5670」×2基も超安定動作。WindowsやUbuntu、Androidの仮想OSもサクサク動作中だ。

見た目はMac Proのママだが、なかみは徹底的にカスタマイズされている“Mac Pro改”くん

 Xeon X5670による24スレッド動作はもちろん、SSDやGeForce GTX 680、USB 3.0ボード、Blu-rayドライブの追加で、カスタマイズするところが、見当たらない状態なのだが、1年半ほど使った光学ドライブPIONEER「BDR-208BK」のトレイが出てこない症状が発生。

 ちょうど、前回カスタマイズから1年経ち、いろいろ変わった「OS X Yosemite(10.10)」(以下 Yosemite)のクリーンインストールもしたいので、愛機のさらなるパワーアップを決意。2015年にふさわしい最新パーツへの換装に踏み切った。

Mac Pro(Mid 2012)改 スペック
Mac Pro
(Mid 2012)
型番「MD771J/A」
CPU Intel「Xeon X5670」(2.93GHz/3.33GHz)×2
メモリー 48GB(PC10600 DDR3 ECC 8GB×6)
ビデオカード GeForce GTX 680 GDDR5 2GB
SSD Samsung「SSD 840 Pro」(256GB)
HDD1 Western Digital「WD1000FALS」(1TB)
HDD2 東芝「DT01ACA200」(2TB)
HDD3 Western Digital「WD30EFRX」(3TB)
光学ドライブ PIONEER「BDR-208BK」
SATA3.0拡張カード Apricorn「Velocity Solo x2」
USB3.0拡張カード デンノー「Fast U3 Mac(MEPI-4PU3M)」

 太文字部がこれまでカスタマイズしてきた箇所だ。すでに購入時から残っているパーツは、ケース、ロジックボード、電源ユニット、HDD(WD1000FALS)のみになってしまった。

PCI Express SSDで爆速化に挑戦

 パワーアップできるところを考えた結果、手始めにMac Pro(Late2013)やMacBook Pro Retina(Mid2014)などで採用されたPCI Express SSD(M.2 SSD)の搭載に決定。

 当然ながら、Mac Pro(Late2013)向けに販売されている換装用SSDを、Mac Pro(Mid 2012)にはそのまま使えないのだが、PC自作向けの超爆速M.2 SSDのSamsung「XP941」とM.2→PCI Express変換アダプターを組み合わせれば、旧型Mac Pro(2006~2012)で使えることをウェブ上で発見。

内部PCI Express×4接続で、シーケンシャルリード1000MB/sオーバーを実現するSamsung M.2 SSDの「XP941」。並行輸入&後継モデル「SM951」が発表済み(量産もスタート)のためか、256GBモデルは売り切れ状態に……。Amazonなど通販ショップを狙っていこう
「CrystalDiskMark」も「PCMark 8」の「Storage」テストも爆速なXP941(Windows 8.1の自作マシンで計測)

 さっそくSamsung製M.2 SSD「XP941」の256GBモデル「MZHPU256HCGL-00004」(実売価格3万円前後)と、Bplus Technology(デジナビ)が販売しているM.2規格のSSDをPCI Express×4インターフェースに変換する「M2P4A V1.0」(実売価格9000円前後)を調達。

 PCI Expressインターフェース化したXP941をMac Pro(Mid 2012)に取り付けて、Yosemiteのインストールを試みた。

M.2規格のSSDをPCI Express×4インターフェースに変換する基板「M2P4A v1.0」。2230/2242/2260/2280のM.2規格(長さ)に対応し、冷却ヒートシンクを備えている
取り付けは超簡単で、M.2 SSDをM.2ソケットに差し込んでネジで固定するだけだ

(→次ページヘ続く 「ドキドキしながらOSをYosemiteに移行」)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社