このページの本文へ

本当に音が変わった! クリプトンのハイレゾ向けアクセサリー

2015年02月18日 20時48分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
電源コンセントプレートを交換するだけで音質に広がりが出る

 クリプトンは、電源ケーブルや電源ボックスなどのオーディオアクセサリー製品群「HR」シリーズから3種類6モデルを発売する。

 ラインナップはHRシルキー電源ケーブル(プラグ、コネクター付き2m)「PC-HR1000M-Triple C」が6万8000円(税別)、「PC-HR500M-Triple C」が4万8000円(税別)。切り売りタイプも用意しており、「PC-HR1000M-Triple C/m」が1万2000円/1m(税別)、「PC-HR500M-Triple C/m」が9000円/1m(税別)。

 電源ボックスの中級モデル「PB-HR500」が6万9800円(税別)、電源コンセントプレート「CP-HR10」が1万9000円(税別)となる。電源ケーブルと電源コンセントプレートは2月下旬、電源ボックスは3月下旬に発売される。

PCOCC-Aに続く次期ケーブル
「PC-Triple C」を採用した電源ケーブル

 HRシルキー電源ケーブルは、一定の角度/方向で少圧力で数万回連続鍛造することにより、結晶同士を繋げて連続化させる「定格連続移送鍛造法」という技術を使用した「PC-Triple C」を採用。ケーブル内部には静電気に強く、柔軟性と弾性を持った絹色を介在として使用している。

PCOCC-Aに続く、新たな技術「PC-Triple C」を採用した電源ケーブル
断面図。絹色と介在にしているほか、銅テープで内部をシールドしている
プラグ・コネクター付き2mで販売されるほか、切り売りにも対応する

高級機の低価格モデルという位置付け

 PB-HR500は、「ネオフェード・カーボンマトリックス」と呼ばれるポリエステル素材をカーボンで挟んだ3層素材をコンセントと筐体の緩衝材に使用。すでに発売されている「PB-HR1000」「PB-HR700」の姉妹機という位置付けだ。そのほか、非磁性体であるステンレスを筐体上部に配置している。

写真下が上位モデルの「PB-HR700」、写真上が今回発売される「PB-HR500」だ

電源コンセント

 電源コンセントプレートであるCP-HR10は、住宅の壁に配置されている電源コンセントプレートを交換して使用する製品。上記の電源ボックスにも採用している、ネオフェード・カーボンマトリックス3層材を採用することで、商用電源で発生している振動や電磁波、電流歪を大幅に減少させている。筆者が実際に視聴した印象では、コンセントプレートの交換前と交換後では明らかに音のボリュームが広がっていたのには衝撃的だった。

電源から発生する振動や電磁波などを軽減させるネオフェード・カーボンマトリックス3層材を採用。プレート側面にはステンレスを使用している

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART