このページの本文へ

繋がらないサポセンへの電話で使える! iPhone超簡単リダイヤルテク

2014年12月14日 17時00分更新

文● らいら(@lyrahm

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カスタマーセンターへの問い合わせやチケット予約など、電話したものの話し中でつながらないケースはよくある。混雑する電話番号にiPhoneを使ってリダイヤルする場合、電話アプリの履歴から、かけたい電話先を選び発信するのが一般的な方法だ。

最近は無料通話アプリや格安電話アプリも人気だが、iPhoneの標準電話アプリを使う機会はいまだ多い

 しかし、連絡先に登録していない番号なら、もっと簡単にリダイヤルする小技がある。電話アプリのキーパッドにある通話ボタンをダブルタップするという、拍子抜けするほど簡単なテクだ。これなら履歴から番号を探し出すことなく、ながら操作でも発信できる。

1度目のタップでキーパッドから最後にかけた番号が表示され、2度目のタップで発信される

 ただしこの方法が使えるのは「キーパッドで直接入力した直前の番号」なので、連絡先や履歴からかけたり、ブラウザー内の電話リンクからかけた相手は反映されない。その場合は履歴から素直にリダイヤルしよう。

 さらにこの小技は連絡先の登録にも使える。キーパッドに表示された番号の左にある「+」ボタンをタップすると、そのままその番号を既存の連絡先に追加したり、新規連絡先を作ることができる。

「さっきキーパッドから発信した番号、今後も使うから登録しておこう」というときは、キーパッド→通話ボタンをタップして番号を表示→「+」ボタンをタップで連絡先の追加が可能

 履歴から連絡先を登録する場合と比べると画面遷移も少なく、すぐに連絡先の編集画面を開くことができて便利だ。

 今回のTipsは意外と知られていないが、さまざまシチュエーションで活用できる。くり返すが、キーパッドで直接入力した直前の番号限定なのでご注意を。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中