このページの本文へ

半田付けの細かい作業を明るく見やすくできる

LED付きルーペと基盤固定のアーム、こて台が一つになった電子工作作業台-Nantena

2014年11月14日 20時59分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LED付きルーペと基盤固定のアーム、こて台がひとつになった電子工作作業台「E011 電子工作業台(NT)」

 ユニットコムは11月14日、雑貨専門店「Nantena」にて、LED付きルーペと基盤固定のアーム、こて台がひとつになった電子工作作業台「E011 電子工作業台(NT)」を販売中だと発表した。

 E011 電子工作業台(NT)はクネクネ曲がるアームが付いた、LEDを搭載するルーペにより、半田付けの細かい作業を明るく見やすくできるという。台座に調整可能な基盤固定用のアームがあり、片手に半田、もう片方に半田ごてをもって作業できるとしている。使用中の熱くなった半田ごてを置くホルダーも搭載する。

 LEDは、単4電池×3で駆動する。サイズは、台座が約幅67×奥行21×高さ100mmで、ルーペレンズが直径約60mm、重さは約340g。価格は1491円。

カテゴリートップへ