このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

引っ越しから活用まで、iPhone 6/6 plusを最大限に生かす最新Tips! ― 第1回

iPhone 6に旧iPhoneやAndroidから移行など、iPhone Tips集!

2014年10月14日 12時00分更新

文● 外村克也(タトラエディット)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 発売からもうすぐ1ヵ月が経とうとしている今でも国内の販売台数ランキングでも上位を独占しているiPhone 6/6 plus。その人気はすさまじい。

 すでにお持ちの人はもちろん、これから買おうと検討している読者もいるのではないだろうか?

 そこで本特集では全3回に渡って、iPhone 6/6 plusへのスムーズな移行方法から便利な使い方、一緒に使うと便利な製品などを紹介していく。

 第1回目は、旧iPhoneまたはAndroidスマホからの乗り換えについて解説する。筆者の周りでも、従来からのiPhoneユーザーはもちろん、Androidからの乗換を目論んでいるという人をよく見かけるようになった。そうした人たちが気にしていること――それがはデータの移行だ。スマホになって、電話帳やメールはクラウドの利用が用意になった。おかげで、端末を問わずに見られて非常に便利となっている。

 だが、クラウドに対応していないアプリの移行は厄介だ。うかつに乗り換えて、データが消えてしまったということにならないよう、データの移行をしっかり行なっておくための方法を解説しておこう。

覚えていますか? iCloudまたはGoogleアカウントのパスワード

iPhoneユーザーなら、移行時にiCloudのパスワードが必要となる。思い出せないなら「My Apple ID」からパスワードを再発行しておく。Androidユーザーでも、iPhoneでGmailを引き続き利用するためにGoogleアカウントが必須。こちらも思い出しておこう

 まずは移行の準備を整える。すぐに新しいiPhoneに触れたい! という気持ちを押さえつつ、しっかりと構えておこう。

 移行の前には、現在のスマホで利用しているクラウドサービスのアカウント情報を把握しておく。というのも、新しいスマホに移行の際、かならず新端末側でサービスにログインしなおす必要があるからだ。

 サービスによってはパスワードの再発行が可能だが、キャリアメールで登録している場合、MNPで端末を移行してしまうとパスワードの発行先にメールが届かず、二度とログインできなくなってしまう可能性もある。

 そのため、移行前日にでも主要サービスのログイン名とパスワードをしっかりと把握しておく。PCからも利用しているサービスであれば、ブラウザーの機能でパスワードを表示できることもある。こうした機能を使ってパスワードを思い出しておこう。

 どうしても思い出せない時は、旧端末が利用できるうちにパスワードを再発行しておこう。最低でも、iPhoneユーザーなら「iCloud」(後述)、AndroidスマホのユーザーならGoogleアカウントの情報だけは確実に思い出しておくこと。

旧iPhoneからiPhone 6/6plusへの乗り換えはiCloudがラクチン

 iPhoneからiPhoneへの乗り換えは、アップルが提供しているクラウドサービス「iCloud」を使うと手軽だ。iCloudは、メールや連絡先といったアプリケーションはもちろん、端末内部のデータをまるごと保管してくれる「iCloudバックアップ」の機能がある。

 このおかげで、旧iPhoneのデータをそのまま新しい端末に持っていくことができる。実際の手順は以下の通りだが、環境によってはiCloudバックアップが使えない場合がある(詳しくは次ページで解説)。

旧iPhoneで、[設定]→[iCloud]→[バックアップ]からiCloudバックアップをオンにしておき、すぐにバックアップを開始する
新しいiPhonの初期設定時、「iCloudバックアップを復元」から先ほど行なったバックアップを選択すればオーケー。あとは手順通りに進めてしばらく待てば復元される

(次ページに続く、「iCloudバックアップを使うにはWi-Fi環境が必須」)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中