このページの本文へ

この夏最注目!? 真のタフスマホ、au「TORQUE」が25日に発売

2014年07月23日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、au夏モデルの京セラ製Androidスマートフォン「TORQUE G01」を7月25日に発売する

 TORQUEは高耐久を売りにした“ラグド”系スマホで、北米では2013年にリリースされている。米国防総省によるMIL規格には、防水、防塵、耐衝撃、耐振動、耐日射、防湿、低温/高温、低圧、塩水と多数の項目で対応。さらに手袋をしていたり、画面が濡れている状態でも使えるなど、あらゆるシーンで利用できる。

 WiMAX 2+やキャリアアグリゲーションには非対応。CPUもSnapdragon 400、画面解像度もHD(720×1280ドット)とフラグシップ級ではないが、本体サイズは約69×136×13.5mm、重量は約182gと、ギリギリ日常利用範囲内なのもうれしい点。

 au Online Shopでの端末価格は、新規契約時に6万5880円(2745円×24回)、ここに毎月割が3万4560円適用され、実質価格は3万1320円となっている(MNP時は一括4万9680円、実質価格は1万5120円)。

8月上旬という当初の予定から少し早まって、TORQUEが発売。夏スマホではこれが一番気になっていたという人も多いのでは?
過酷な状況での実用性と個性的なデザインの調和が本機の魅力。ちなみにレッドは日本限定色とのこと
キャップ類もガッチリと装備
こちらはブラックモデル
「TORQUE G01」の主なスペック
メーカー 京セラ
ディスプレー 4.5型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約69×136×13.5mm
(最厚部:15.4mm)
重量 約182g
CPU Snapdragon 400(MSM8928) 1.4GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.4
最大通信速度 下り最大150Mbps
キャリアアグリゲーション ×
WiMAX 2+ ×
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
国際ローミング GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約800万画素CMOS/イン:約200万画素
バッテリー容量 3100mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ ×
フルセグ ×
赤外線通信 ×
防水/防塵 ○/○
SIM形状 nanoSIM
連続待受時間(3G/LTE) 約810時間/約700時間
連続通話時間(3G) 約1490分
カラバリ レッド、ブラック
発売時期 7月25日

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART