このページの本文へ

アップルがヘッドフォンと音楽サービスの企業「Beats」を30億ドルで買収

2014年05月29日 16時00分更新

Selena Larson via ReadWrite

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Beatsの創設者、ドクター・ドレーとジミー・アイヴォンはアップル社に移籍

アップルがヘッドフォンと音楽サービスの企業「Beats」を30億ドルで買収

アップルは、ヘッドフォン・ハードウェアの「Beats Electronics 」と音楽ストリーミングサービスの「Beats Music」を30億ドルで買収する

アップルによるBeats買収の噂は今月はじめから流れており、技術業界を困惑させていた。おそらくは、音楽の未来と「クールさ」をアップルに取り戻すための取引だと思われるが、Beats がアップルのビジョンにどういった形で一致したのかは不明なままだ。

関連記事:アップルがBeatsを32億ドルで買収?

関連記事:Beats買収によって音楽の未来を買い取ろうとするアップル

Beats の創設者でラップ・ミュージックの大スター兼プロデューサーでもあるドクター・ドレーと、インタースコープ・レコードの共同設立者ジミー・アイヴォンはアップルの正社員になるようだが、入社後の役職等についてはまだ分かっていない。

画像提供:Beats

Selena Larson
[原文]


※本記事はReadWrite Japanからの転載です。転載元はこちら


カテゴリートップへ

ピックアップ