このページの本文へ

「1号たん」3Dモデルの展示も

ニコ超3にオオグソクムシ100匹がくる! しかも触れる!

2014年03月06日 19時01分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
1号たんの3Dスキャンモデルがニコニコ超会議3にくる!

 2014年2月、5年間絶食を続けていた鳥羽水族館の「ダイオウグソクムシNo.1」が死亡した。ネット上では「1号たん」との愛称で親しまれていた彼。SNSなどでも、死去を惜しむ声が多く見受けられた。

 そんなダイオウグソクムシNo.1を3Dスキャンした、精巧な3Dモデルがニコニコ超会議3にて展示される。さらに新江ノ島水族館から本物のダイオウグソクムシ2匹、オオグソクムシ100匹(!)もやってくる!

どんな出来に仕上がっているのだろう?

 ダイオウグソクムシは大型水槽での鑑賞コーナーとなるが、オオグソクムシは「タッチプール」として実際に触れられるとのこと。こんな機会でもないとなかなか触れないと思うので、ぜひタッチしてみてはいかがだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ