このページの本文へ

今日から使えるデザイン現場のテクニック

Illustratorで複雑なジャバラホースをさくっと描こう!

2014年01月29日 11時00分更新

神速デザイン編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷
ill03-000.png

 Illustratorで掃除機のホースのようなうねったジャバラをきれいに描くのはちょっと面倒。ブラシやブレンドなどいろいろな方法がありますが、手軽できれいに仕上がるのが、「パステキスト」を使って描く方法です。密度やサイズを直感的に設定でき、後からパスの編集で修正も簡単にできます。

ターゲットタイム:30分→5分

 ロボットのイラストを例に説明します。最初に、両腕、両足の計4本に基準となるパスを作成します。テキストの重なり順は、パスの終点が手前になります。

ill03-02.png

 [パス上文字ツール]で、パスに沿って文字[●]を入力して、適宜、コピー&テキストで増やします。塗りを[CMYK0%]、線を[K100%]に設定します。

ill03-03.png

 [文字]パネルでフォントサイズや水平比率を調整して、ジャバラらしく見えるようにします。

ill03-04.png

 これで右腕のジャバラができました。左腕、両足は右腕をコピー&ペーストして作ります。両足はフォントサイズや水平比率、トラッキングを変更しました。

ill03-05.png

 これでジャバラ部分は完成です。最後に、[書式]メニューの[アウトラインを作成]を選択し、塗りにグラデーションを適用してロボットのイラストのできあがりです。

ill03-07.png

 Illustratorには時間短縮に効く便利な機能がたくさんあります。忙しい人こそ、便利な機能をどんどん活用して、日々の単純作業を効率化。その分、クリエイティブな時間を確保しましょう。

時短テクニックは『神速Illustrator』で!


  本記事は、書籍『神速Illustrator [グラフィックデザイン編] CC対応』(五十嵐華子、尾花 暁、川端亜衣、金山達夫、茄子川導彦、ヤマダジュンヤ 著)で紹介されているテクニックをもとに執筆しています。

神速Illustrator [グラフィックデザイン編] CC対応』は、忙しいプロのデザイナーのための時短テクニックを集めた本。よく使う図形をすばやく描く方法から、使い回せるロゴの作り方、急な「直し」にも対応できる文字組まで、6人の“Illustrator使い”が自身の経験から編み出した80本の時短テクニックを解説しました。人間わざとは思えないほど速い「神速<しんそく>テクニック」で、もっと“速いデザイナー”を目指してみませんか?

shinsoku_ai-cover.jpg
『神速Illustrator [グラフィックデザイン編] CC対応』

五十嵐華子、尾花 暁、川端亜衣、金山達夫、茄子川導彦、ヤマダジュンヤ 著

  • 定価:2,940円 (本体2,800円)
  • 発売日:2014年1月15日
  • 形態:B5変型 (296ページ)
  • ISBN:978-4-04-870666-7
  • 発行:株式会社KADOKAWA

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く