このページの本文へ

ドコモのキャリアメール、ウェブ&IMAP対応でPCから送受信可に!

2013年12月16日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、クラウド対応のメールサービス「ドコモメール」を12月17日からウェブメールとIMAPに対応すると発表した。ウェブブラウザーやIMAP対応のメールソフトが使える環境であれば、どこからでも「@docomo.ne.jp」のドメインによるメールが利用可能になる。

ウェブメール&IMAPに対応したことで、ようやく本来の構想が実現

 ドコモメールは、「@docomo.ne.jp」のドメインを用いる、いわゆるキャリアメールを利用するための新サービス。これまでのメールサービスと異なり、クラウド対応になっており、メールデータ自体はクラウド上で管理することで、複数デバイスからのアクセスやデータの移行が用意になっている。なお、メールの保存容量は1GB。

ウェブメール版では絵文字の利用も可能

 Androidスマホ用にはすでに10月にサービスを開始。iPhoneでも同じ17日から、標準のメールアプリで対応する。

 ドコモメールの利用にはドコモとの回線契約とともにspモード(月315円)の契約が必要。あらかじめ利用中の端末から、「docomo ID利用設定」を「利用する」にしておく必要がある。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中