このページの本文へ

ASCII.jp編集部員イチオシの即買いアイテム ― 第4回

iPhoneを置くだけでワイヤレス充電できるケースを試した!

2013年12月18日 18時47分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ブロンズカラーがポイントの無骨なケースは?

 「ワイヤレス充電」ていいよね。「あ、バッテリーが切れそうだから充電したい」と思った際、普通だったらケーブルを探してコネクターの位置を確かめて、「あれ? なんか上手くささらない。反対かな? あ、やっぱり反対じゃなかった」とかやらなければいけない。

 しかし、ワイヤレス充電、非接触充電に対応している機器なら専用の台に載せるだけで充電される。置くだけでOK。コネクターの位置や向きを確かめる必要なし。

 iPhoneに搭載されて欲しい機能、個人的ナンバーワンのワイヤレス充電だが、残念なことにiPhoneはワイヤレス充電に対応していない。置くだけではだめ。コネクターの位置を確認してケーブルを差さないと充電できない。

DURACELLの「POWERMAT」シリーズ。iPhoneをワイヤレス充電に対応させる面白い奴やつ

 しかし! DURACELLの「POWERMAT」があればワイヤレス充電ができてしまう! 必要なのは、POWERMAT本体と、iPhoneに装着する「AccesCase」。

POWERMAT本体
ケース裏面には装着方法がまず上部にiPhoneを滑り込ませ……
下部のアタッチメントを装着!背面はこんな感じ

 使い方は超簡単。その1、iPhoneにAccesCaseを装着する。その2、POWERMATの送電スポットの位置と、AccesCase背面のPOWERMATロゴの位置を合わせて載せる。

POWERMATの送電スポットAccescase背面のロゴ

 以上。装着し、載せるだけでiPhoneがワイヤレス充電に対応してしまうのだ。これはいい。ケースも、特に装飾のない一般的なケースと同等の厚みでスタイリッシュ。(ただし、下部のモジュールの分だけ下に少し長くなる)造りも良く、“あそび”があまりないので、一度付けたらしっかりと固定されて中々外れない。

ワイヤレス充電できるモバイルバッテリー「GoPower Day Trip」

 さらに「GoPower Day Trip」というのもある。こちらはワイヤレス充電できるモバイルバッテリーだ。LightningとmicroUSBの2系統での充電に対応するほか、microUSB経由で通常の充電もできるという、モバイルバッテリーとしても優れた製品。容量は1850mAhと若干少なめだが、載せるだけで充電できるというのは手軽でいい。

 POWERMATには送電スポットが2ヵ所あるので、片方でiPhoneを充電、片方でモバイルバッテリーを充電するというワイヤレス感溢れる使い方もできる。

 価格はPOWERMAT単体が6600円、AccesCaseが6200円、GoPower Day Tripが7500円。POWERMAT、ケース、充電器の3製品がセットになった「スターティングキット」が1万9800円。いずれもアスキーストアで販売中だ。

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中