このページの本文へ

Project M「ProフレームKIT」

Mac Pro風ケースを自作するキット「ProフレームKIT」

2013年11月15日 23時07分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 元PCパーツショップの店員M氏が提案するアユートのカスタムパーツブランド「Project M」から、ideaco製ゴミ箱「TUBELOR」をMini-ITXケース化するキット「ProフレームKIT」(型番:PM-PROKIT)が発売された。

アユートのカスタムパーツブランド「Project M」から発売されたideaco製ゴミ箱「TUBELOR」をMini-ITXケース化するキット「ProフレームKIT」

 この製品は「新Mac Pro」に似ていると噂のideaco製ゴミ箱「TUBELOR」をMini-ITXケース化できる改造化キット。製品構成はファン固定板1、ファン固定板2、マザーボード固定フレーム、SSD固定フレーム、電源固定フレーム、FANガード×2、土台固定板(電源スイッチ、アクセスLED付)、土台板、ネジ(8種類)、簡易マニュアルとなる。

改造に必要な各種パーツが一式揃っている
デモ機の様子。片面がマザーボード搭載スペース、もう片面が電源やストレージ搭載スペースとなっている
スイッチは蓋を持ち上げて押す仕組み。ケーブルは底面から出す

 また対応するパーツは、Mini-ITXマザーボード、SFX電源ユニット、2.5インチドライブ×2、120mmファン×1などで、さらにゴミ箱「TUBELOR」(約3500円前後)用意する必要がある。
 販売しているのはBUY MORE秋葉原本店で、価格は1万4800円。なお、実際に店員M氏が組み込んだデモ機を、今週末17日(日)開催のASCIIフェスでも展示するという。

トップの冷却ファンはLEDタイプがオススメかもしれない
製品には詳細な組み込みマニュアルが付属する

【取材協力】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中