このページの本文へ

「現在利用中のスマートフォンゲームプラットフォーム」はLINEが38.1%で1位

スマホゲームの課金、1ヶ月平均3000円以上が約2割

2013年08月26日 20時42分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「スマートフォンゲームプラットフォーム利用状況」のグラフ。「現在利用している」との回答がもっとも多かったのは「LINE」で38.1%

 MMD研究所は8月21日、「スマートフォンゲームに関する調査(課金編)」の結果を発表した。同調査は8月8日から8月11日までの4日間、スマートフォン利用者349人を対象に行われたもの。

 「スマートフォンゲームプラットフォーム利用状況」に関して回答を求めたところ、「現在利用している」との答えが最も多かったのが「LINE(38.1%)」。次いで、「Mobage(16.3%)」「Ameba(14.6%)」「GREE(11.5%)」「mixi(9.2%)」の順となった。

「LINEが提供しているゲームの利用状況」

 LINEが提供しているゲームのうち「現在利用している」ゲームの上位は、「LINE POP(54.1%)」、「LINE バブル(51.9%)」、「LINE ポコパン(33.1%)」など。

「スマートフォンのゲームでの課金経験」「スマートフォンゲームの1ヶ月平均利用金額」

 また、スマートフォンゲーム利用経験者の22.1%が「課金経験がある」と答えた。さらに、1ヶ月の平均利用金額に関する質問では、約2割の回答者が1ヶ月平均3000円以上費やしていることが分かったという。なお、月に1万1円以上は6.5%だった。

 調査結果は同社のウェブサイトよりダウンロード可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART