このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

Bluetoothで無線音楽再生&10色カラーが選べる、デジタル時代のコンポ

ニコ動発ボカロ・アーティストDECO*27がヤマハ「MCR-B142」を体験

2013年06月03日 11時00分更新

文● 広田稔 撮影●四宮義博 ヘアメイク●鎌田美緒
協力●SAN BAN CHO CAFE

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
音楽を聴く楽しさを知りたいなら、音作りのプロであるミュージシャンに聞くのが一番。今回はDECO*27さんとともに、ヤマハの「MCR-B142」をレビューしていこう。

 音楽はネットで知って聴くもの──。パソコンやスマートフォンなど、インターネットにつながる端末が広く普及した現在では、そんな試聴スタイルで音楽に接している人も増えている。ネットで聴けば、レコード会社が公開している公式ミュージックビデオだけでなく、ボーカロイドのように在野のクリエイターが投稿した名曲に次々と出会える。

 一方で、その音を聴く環境については、あまり気にしていない人も意外と多い。デジタル機器にはスピーカーが付いているが、制約もあるので曲に含まれているすべての音が引き出せていないこともままある。せっかくアーティストがいろいろな思いを込めて生み出した曲なのだから、それを楽しむなら専用のオーディオ機器を使うのが一番なのではないだろうか?

 手軽さと音質、そしてデザインにこだわりたい人に注目してほしいのが、ヤマハのシステムコンポ「MCR-B142」。好みに合わせて10色からカラーバリエーションを選べるほか、Bluetooth経由でスマホから機器を操作したり、スマホやパソコンの音楽を無線で再生できるというのが特徴だ。今回は特別に「音楽を聴くならコンポ派」というミュージシャンのDECO*27(デコ・ニーナ)さんをお招きして、音作りのプロから見た魅力も含めてレビューしていきたい。


MCR-B142

 ラジカセを彷彿とさせるようなレトロな外観だが、左右のスピーカーは独立していて動かせるれっきとしたコンポ。見た目とは裏腹に、Bluetooth対応、iPhone/iPod用のDock端子搭載、USBメモリーの直ざしが可能といったように、デジタル全盛の今に必要な機能も盛り込まれている。付属のリモコンのほか、iOS(iPhone/iPad/iPod touch)やAndroid向けにリモコンアプリも用意しており、手元の画面を見ながら操作できるというのも今風だ。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART