このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

油圧式変形機構が魅力!「VAIO Duo 11」ロードテスト ― 第15回

スマホやタブレットで視聴したり、端末に転送する方法を解説

「VAIO Duo 11」と「nasne」をトコトン活用しよう

2013年05月13日 21時00分更新

文● 高橋量

 ソニー・コンピュータエンタテインメントの「nasne」は、VAIO Duo 11をはじめとするVAIOシリーズやゲーム機、デジタル家電などで利用できるネットワークレコーダー&メディアストレージ。テレビ番組を視聴&録画できるほか、スマホやタブレットとの連携やメディアストレージとしても使えるなど、さまざまな機能を備えている。

 前回の記事では、nasneで録画した番組をVAIO Duo 11に転送する方法について紹介したが、今回はスマホやタブレットなどで視聴したり、端末に転送する方法を解説しよう。

ソニー・コンピュータエンタテインメントのネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」。地上/BS/110度CSデジタルチューナー内蔵に加え、500GB HDDを搭載している
ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」
型番CECH-ZNR1J
ストレージ500GB HDD
テレビ機能地上/BS/110度CSデジタルチューナー内蔵
ネットワークレコーダー機能DTCP-IP、DLNA1.5対応、ダビング10対応、録画モード(DR&3倍)対応など
通信機能1000BASE-T対応有線LAN
インターフェイス有線LAN端子、アンテナ入力/出力端子、USB2.0端子(外付けHDD接続用)、B-CASカードスロット
本体サイズ/重量約幅43×奥行き189×高さ136mm/約460g

ソニーストア

(次ページ、「録画した番組をスマホやタブレットで視聴する」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事