このページの本文へ

Photoshopをもっと速く使おう

超簡単!人物のポーズを40秒で変えるPhotoshop便利機能

2013年01月23日 12時00分更新

石嶋未来 + 神速デザイン編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 初校の直しも終わったし、あとはクライアントの最終チェックを待つのみ。そろそろ入稿の準備でも……と思ったら、「う〜ん、この写真、もうちょっとダイナミックな感じ、躍動感がほしいんだよねぇ」って、スタジオでも初校でもこれでOKって言ったじゃないですか!! 「フォトショでさ、チャチャってできるでしょ」って、空頼みですか。

 でも、実はできちゃうんです! Photoshop CS5から搭載された新機能「パペットワープ」で、人物のポーズも自在に変更できます。

 以下はそのムービー。

変化が分かりやすいように、最初に元画像を薄く下に敷いています。右下は、作業中のマウス、キーボード操作画面、右上は経過時間です。40秒といっても、待ち時間が結構あります


 元の写真は、腕の振りが小さく、こぢんまりした感じでした。

083-1-2.png

 昔のPhotoshpで人物のポーズを変えるには、選択範囲を作り、変形・移動して修正する作業が必要でしたが、CS5やCS6では[パペットワープ]を利用すると、人物のポーズを操り人形のように自由に動かして補正できます

 腕の振りを大きくすると、躍動感のある写真になりましたね。

083-2-3.png

 面倒で時間がかかる単純作業は、便利な機能でサクサク済ませて時間短縮。余った時間はクリエイティブなことに使いましょう。


詳しい解説は『神速Photoshop』で!


 忙しいプロのデザイナーのために、時短テクニックを集めた本『神速Photoshop [グラフィックデザイン編]』が発売されました。フォトレタッチ、切り抜き、素材作り、テキスト処理など、グラフィックデザインに欠かせない103本のテクニックを、5人の“Photoshop使い”が解説。人間わざとは思えないほど速い「神速<しんそく>テクニック」で、2013年はもっと“速いデザイナー”を目指してみませんか?

神速Photoshop
『神速Photoshop [グラフィックデザイン編]』

 今回とりあげた神速テクニックは、テクニック83『パペットワープで人物のポーズを自在に変更』で詳しく紹介しています。


浅野 桜、石嶋未来、加藤才智、服部紗和、ハマダナヲミ 著

  • 定価:2,520円(本体2,400円)
  • 発売日:2013年1月10日
  • 形態:B5変型 (256ページ)
  • ISBN:978-4-04-870667-4
  • 発行:アスキー・メディアワークス
  • 発売:角川グループパブリッシング

Web Professionalトップへ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング