このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

グーグル、iPhone向け「Google マップ」を公開

2012年12月13日 16時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは、iPhoneなどiOSデバイス向け「Google マップ」を、App Storeを通じて今日から提供を開始した。すでに、午後1時30分時点で、すでに公開されている。40カ国以上を対象に展開し、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語など29言語にサポートしている。

iPhone向けGoogle マップのアイコン

 グーグルの牧田信弘プロダクトマネージャーは、「iPhone版のGoogle マップは、ベクターベースの地図であり、シンプルなUIになっている点が特徴。マップの正確さ、ローカルでの使いやすさを実現するとともに、乗り換え案内にも対応したアプリケーション。ユーザーが欲しい情報をより速く、より簡単に見つけられる。ぜひiPhoneユーザーにダウンロードしてもらい使ってもらいたい」としたほか、「今後は、新たなインターフェースを、あらゆるデバイス、OSにとらわれず提供していく。他のデバイス向けにも、今回のiPhone版と同じようなユーザーエクスペリエンスを提供していくことになる」とした。

グーグルの牧田信弘プロダクトマネージャー

 iOS 5.1 以上に対応。iPadでも利用が可能であり、第4世代のiPod touchにも対応している。

Google Maps App
価格無料 作者Google, Inc.
バージョン1.0 ファイル容量6.7 MB
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ 対応OSiOS 5.1以降

シンプルな画面デザインを新たに採用

 iPhone向けGoogle マップは、シンプルな画面デザインを新たに採用。端末の小さなウィンドウ内でも地図をできる限り広く表示し、直感的に地図を利用できるようにしたという。

地図の表示画面3Dによる立体的な地図表示が可能
検索画面では検索した履歴を表示し、タップして利用できる検索画面で店の名前などを入力する
検索結果を地図上に表示する

 検索窓を画面上部に表示するとともに、各種情報を網羅する「情報シート」を画面下部に表示。いつでもスワイプひとつで情報を呼び出せる。

 近くの店舗を探す際にも、ローカル検索で店名を検索するだけで、店舗の位置にピンが表示され、情報シートには住所をはじめ、電話番号やレビュー、ストリートビュー、おみせフォトが一覧で表示される。

情報シートでは、店舗の情報などを表示するとともに、通話、保存、共有、ストリートビューでの表示などが可能おみせフォトでは店内の様子も見ることができる。好きな席を予約するときに便利
ユーザーからの投稿も同じページから見ることができる共有ではメッセージ、メールなどが表示可能
ストリートビューをワンタップで閲覧できるカテゴリーでの検索。「ワインバー」で検索すると該当する候補を地図上に表示

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中