このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

入間航空祭に22万人が来場 曲技飛行や落下傘降下に沸く

2012年11月05日 16時00分更新

文● アスキー戦車部 北村明弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月3日、航空自衛隊の入間基地で「入間航空祭」が開かれた。都心近くで開催される航空ショーとあって約22万人が来場し、基地内は大いに賑わった。

埼玉県狭山市にある航空自衛隊入間基地

 空中では、F2戦闘機とF15戦闘機による機動飛行、ブルーインパルスの曲技飛行、空挺部隊のパラシュート降下などが披露され、地上では航空自衛隊の装備品展示やパレードが行なわれた。ここではその様子をお届けしよう。

T-4中等練習機の2機が同時に滑走路から離陸する
T-4中等練習機は純国産の航空機で、パイロットはまずこの機体で基本の操縦を修得することになる
4機でダイヤモンド編隊を組むT-4中等練習機離陸するC-1輸送機
C-1輸送機はりゅう弾砲、ジープの空中投下、患者36人(通常人員なら60人)の空輸が可能な国産の中型輸送機だV字編隊で飛行するC-1輸送機
陸上自衛隊第1空挺団による落下傘降下
救難ヘリコプターUH-60Jからラペリング降下する隊員被災地への物資運搬などで活躍する輸送ヘリCH-47J
離陸準備に入るF-2A戦闘機滑走路に向かうF-2A
写真の501号機はF-2Aの試作初号機で、この機体のみ赤と白のカラーリングが施されている
急上昇、急旋回、宙返りなどの機動飛行を披露するF-15主力戦闘機
航空祭の華ともいえる「ブルーインパルス」(第4航空団第11飛行隊)によるアクロバット飛行
ブルーインパルスが大空に花やハートマークを描くたびに、大きな歓声が聞こえたのは言うまでもない

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jp RSS2.0 配信中