このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマホユーザーのデータ収集? Carrier IQ問題は集団訴訟へ

2011年12月05日 20時30分更新

文● 末岡洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

端末の情報を収集するツールが
購入時にすでに入っている?

 海外を中心に、モバイル業界でここ1~2週間、Carrier IQというベンチャー企業が大きく取り上げられている。11月中旬にユーザーの入力情報などのデータを収集するというCarrier IQのソフトウェアが多数のスマートフォンにインストールされていると、ある個人開発者が報告したことに端を発するものだ。

 Carrier IQ側は、「ユーザーのエクスペリエンス改善」を目的と主張しているが、プライバシー保護の観点から問題視され、集団訴訟も起こっている。以下に、Carrier IQ問題の経緯をまとめたい。

 Carrier IQはモバイルサービスインテリジェンスソリューションベンダーを標榜するソフトウェア企業で、モバイル端末のユーザーエクスペリエンスに関するデータを収集することで、顧客である端末ベンダーやネットワークオペレーターの製品改善に役立てられると主張している。同社のエージェントはスマートフォンに限らずさまざまな携帯端末にインストールできる。

端末内にCarrier IQがインストールされているかをチェックするツールも現われている。国内で販売されている端末でも、インストールされている可能性が高い製品があるようだ

 Carrier IQのソフトウェアはデバイスにルートキットとしてインストールされるため、ユーザーの多くはその存在がわからない。だが11月14日にモバイル開発者向け情報サイトの「XDA Developers」がCarrier IQの詳細な報告を紹介し、話題として一気に広まった。報告した開発者のTrevor Eckhart氏(ハンドル名はTrevE)はその後、Carrier IQの振る舞いを説明する動画も公開している。

 Eckhart氏によると、Carrier IQは端末上でのキーストロークのログ、SMSメッセージ、Webブラウジングなどの情報を収集しているとのことだ。同ソフトウェアの無効化は難しく、オプトアウトも提供されていない、こういった特徴から、すぐにプライバシーに反するのではと非難の的となった。

 最初に見つかったのはHTC製のAndroid端末で、記事ではNokia製端末やBlackBerryにもインストールされていると報告していた。その台数は1億4100万台と推測している。

 そういったことから、非難の矛先は端末メーカー、それにネットワークオペレーターにも向けられた。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART