このページの本文へ

ASRock「A75M-ITX」

「AMD A75」初のMini-ITXマザーがASRockからデビュー!

2011年08月12日 22時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「AMD A75」チップセットを搭載したSocket FM1対応マザーボードとしては初のMini-ITXフォームファクタとなる「A75M-ITX」がASRockから発売となった。

「A75M-ITX」
Socket FM1対応マザーボードとしては初のMini-ITXフォームファクタとなる「A75M-ITX」。チップセットにMD Aシリーズに対応する「AMD A75」を採用する

 同製品はAMD AシリーズAPUが搭載可能な初のMini-ITX対応マザーボード。強力なグラフィックス能力を有するAMD Aシリーズだけに、Mini-ITXなどを使った小型のシステム構築を考えていたユーザーも多いはずだ。
 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、メモリスロットがDDR3-DIMM×2(DDR3 2400+(OC)/1866(OC)/1600(OC)/1333/1066/800、最大16GB)という構成。
 オンボードインターフェイスとして、ギガビットイーサネット(Realtek/8111E)、8chサウンド(Realtek/ALC892)、SATA3.0×4、USB3.0×4などを装備している。また、I/O部のグラフィックス出力にはHDMI/D-subを備える。
 その他、品質面では「ASRock DuraCap」(2.5倍寿命)、100%日本メーカー製導電性高分子コンデンサーを採用。ASRock独自機能の「App Charger」、「ASRock AIWI」、「Instant Boot」に加え、次世代BIOS「UEFI」もサポートする。
 価格および販売ショップは以下の通り。現在、多数のショップで展開中のAMD Aシリーズと同時購入によるセット割り引きを併用すれば、かなり安く購入することも可能だ。

本体
チップセット標準でSATA3.0×4、USB3.0×4などを標準で装備。PCI Express(2.0) x16スロットも1本あるのでVGAの増設時も困ることはない。なおI/O部のグラフィックス出力にはHDMI/D-subが用意されている
価格ショップ
「A75M-ITX」
¥8,980パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
ソフマップ秋葉原リユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
パソコンハウス東映
PC DIY SHOP FreeT
ZOA秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中