このページの本文へ

アップル、iTunes App Store向け定期購読課金サービスを発表

2011年02月16日 18時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米アップルは、App Store(iTunes Store)におけるコンテンツ販売について、「サブスクリプション」サービス(定期購読、In-App Subscription)を発表した。音楽、ビデオ、電子書籍/雑誌、電子新聞などジャンルを問わず、App Storeの課金システムを介して購入できるすべてのiOS(iPhone/iPod touch/iPad)向けアプリが対象となっている。

新購読サービスは、News Corpの日刊新聞アプリ「The Daily」ですでに実現されている。掲載した写真はThe Dailyの購読申し込みメニューで、いくつか項目を選択した後にApple IDの入力を求められる

 iOSアプリ販売を行なう者は、週/月/隔月/3ヵ月/6ヵ月/1年などの定期購読期間および課金設定を行なえ、購入希望者がこれらを選択次第自動的に請求される。購入者は、アカウントページから自動継続やキャンセルなどの管理/設定が可能となっている。

 また、アップル側(App Store)が新たな購読者をもたらした場合は「In-App Purchase」(アプリ内課金)同様30%の手数料が設定され、アプリ販売者側が(独自のウェブサイト/課金システムなどを介して)既存または新たに購読者を獲得した場合は、すべて販売者側の利益となるとしている。

 このほか、購入希望者をiOSアプリ以外(ウェブサイトなど)に誘導してコンテンツや定期購読サービスを購入させるためのリンク/機能をアプリ内に設けることが禁止された。アプリ販売業者が独自に課金システムを構築し定期購読サービスを展開している場合、同額またはそれ以下の価格でIn-App Subscriptionを用いた課金のみを購入希望者に提示するよう要求している。

 個人情報に関する取り扱いにも触れられており、In-App Subscriptionを利用する場合、購読希望者は氏名/メールアドレス/郵便番号を販売業者に提供するか否かを選択できるようになる。これら個人情報および利用方法は、(アップルではなく)販売業者のプライバシーポリシーによって管理される。

 販売業者は、ユーザーに対して付加的情報の提供を求めることは可能だが、選択権を明確に与えることや、販売業者のプライバシーポリシーによる運用である旨をあらかじめ提示することが前提となっている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中

視聴者と一緒にドン勝だ!PUBG MOBILE