このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガラケーはやっぱりスゴイ! ケータイの機能をとことん調べてみた ― 第29回

Snapdragon搭載の「KCP3.0」端末は本当に高速&快適?

2010年08月09日 16時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
au夏モデルの中でも目立った存在というわけでは必ずしもないが、新プラットフォームと1GHz動作のプロセッサーを搭載する「S004」とT004

 ハイエンド端末ではないため、必ずしも大きな注目を集めているわけではないが、auユーザーにとって夏モデルで朗報だったのが、新プラットフォーム「KCP3.0」搭載の「S004」と「T004」。またこの両機種は、XperiaやHTC Desireなどスマートフォンへの採用でおなじみとなった、1GHz動作のクアルコム製プロセッサー「Snapdragon」を搭載している。

 KCP+という現行のau端末では標準的なプラットフォームが登場してから約2年。auケータイはややレスポンスが遅い、というイメージが広がっているのも確かだ。高速プロセッサー&新プラットフォームの採用で、本当に“サクサク”と動くのであれば、買い換えの有力候補となりえる。他のケータイ会社のライバル機種と合わせて、実際に速度を測ってみた。

用意したのは新旧ライバル合わせて7台

 今回用意したのは以下の7台。すでに紹介しているようにS004とT004がSnapdragon&KCP3.0搭載機種だ。SH008は夏のハイエンドモデルだがKCP+ベース。T003とU1はそれぞれ旧モデルとなる。F-06Bと945SHはドコモ、ソフトバンクの夏モデルで最高クラスのスペックを誇る。

au「S004
au「T004
au「SH008
au「T003
au「U1
NTTドコモ「F-06B
ソフトバンク「945SH

au「S004」au「T004」

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART