このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

戦場レポート 4ヵ月目――3rdクールで大幅変更!? GNO3 2ndクール終盤

ハマーン様への想い届くか? ジオンプレイヤーのジレンマ

2010年07月20日 18時00分更新

文● 佐久間康仁/ASCII.jp@ハマーン様 命

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

赤い薔薇に誓って、ハマーン様への忠誠に
みじんの揺らぎはないけれど……

 あぁハマーン様。貴方への忠誠を示すため2クール続けてネオ・ジオン陣営を選択してみたものの、ハマーン様のために戦っていると実感が得られるのはクール最終盤の2週間だけ。一年戦争が約1ヵ月半にも渡ってみっちりこってり――OVAの「第08MS小隊」まで含めて追体験できる(前回記事)のに比べると、ネオ・ジオン軍として貴方の部下でいられる2週間は、あまりにも短いってもんじゃあ~りませんか!?

ハマーン様
7月10日の大規模任務を経て、ついにティターンズとの決別を宣言。アクシズを地球圏に移動して、エゥーゴ、ティターンズと雌雄を決する三つ巴の戦いに臨む! ハマーン様のためにも、この戦い、負けられん (C)創通・サンライズ

 ……いかんいかん。畏れ多くもハマーン様に弱音を吐くなんて、「情けない。見損なったぞ。それでもジオン再興を目指すネオ・ジオン士官であるか?」と、愛ある叱咤を受けるところだった(それはそれでイィけどネ)。

 第2クールも終盤を迎え、いよいよアクシズがティターンズと決別して三つ巴の戦いが始まったGNO3の現在を、今月もお届けしよう。


第3クールの予告がやたらアツい!

 5月の大型連休明けから始まった第2クールが今月18日で終了し、19日から第3クールが始まることがアナウンスされた(公式サイト)。

 同時に、第3クールではかなり多くの変更が加わることが判明した。主なものだけ列挙しても、以下のようになる。

プロトタイプガンダムとザクレロ
公式サイトより。第3クールから、プロトタイプガンダムとザクレロが技術レベル3の時期に登場する
  1. ワールド(サーバー)間の移動が可能
  2. オペレーター機能の実装
  3. ゲームバランスの変更と新規MS/MAの追加

 1.のワールド移動には、細かい注意点がある。移転の際に所属陣営の変更は不可(地球連邦軍かジオン公国軍、後半ではティターンズかエゥーゴかジオン共和国/アクシズ)。プレイヤーの階級や戦功、獲得済みの改造パーツやフォーメーション、パイロットは引き継がれるが、レベルやスキルは初期化される。機体やアイテム、補給ポイントなどもすべて失われる。クール序盤(もしくは最終盤)で移動しなかったのなら、次のクールまで待った方がよさそうだ。

 2.のオペレーターは、表情と音声の異なる3人から選択できる。ログアウト中の戦闘結果を分析したり、操作時に応答してくれるキャラクターで、3人それぞれ異なる性格を持つという。CV(声の出演)は、川澄綾子さん、神田朱未さん、能登麻美子さんが担当する。自分だけのミライさん(もしくはエマさん)を見つけよう。

 3.のゲームバランス変更は、実際に試してみないと分からないが、かなり大幅に改変されるようだ。例えば、従来ほとんど影響がなかった「修理値」(簡単に言えば強いMSやMAほど高くなるパラメーター)が、戦闘勝利後のVP(ランキングのひとつ)の獲得量に大きく影響し、修理値が少ない編成ほどVPが増えるようになる。GNO2では修理値ではなく修理時間というパラメーターだったが、VPランカーの間ではぎりぎり落とされない量産型MS(修理時間が短い)を編成することで、VPをなるべく多く稼ぐというストイックな(!?)プレイスタイルもあちこちで研究されていた。第3クールでは、MSやMAの修理値そのものも大幅に見直されるということなので、新たな研究対象になりそうだ。

今月の「でかい、でかすぎですよ! カテジナさん」

ヴァルヴァロ ノイエ・ジール
デラーズフリート(0083)に登場する、カニさんこと「ヴァルヴァロ」。ソロモンの悪夢・アナベル・ガトーの相棒であるケリー・レズナーが搭乗するアナベル・ガトー本人も「ノイエ・ジール」で登場
デンドロビウム ノイエ・ジールのマップ兵器
ガトーに彼女(ニナ・パープルトン)もガンダム2号機(GP-02A)も奪われた自称ライバル、コウ・ウラキは怒りの形相で「GP-03D」(デンドロビウム)を駆る!ガトーさんのノイエ・ジールは、いわゆるマップ兵器で全力攻撃! コウの前にいると敵味方関係なく大ダメージだ。「ヒドイですよ、アナベルさん」
デンドロビウムのマップ兵器 ステイメンになってもさらに攻撃!
もちろん、コウのデンドロも負けじとピンクのマップ兵器を炸裂させる。もしかして、距離4から攻撃した方が安全かもしれない……とさえ思えるしかも、デンドロビウム状態で一定のダメージを食らうとパージ(装甲を分離)して、GP-03S(ステイメン)にちっちゃくなっちゃって再攻撃してくる。「しつこい男は嫌いよ!」って言われそう……
ネオ・ホンコンのサイコガンダム 宇宙でも活躍するサイコガンダム
デカイといえば「サイコガンダム」。これはネオ・ホンコンに登場したときのカット離れても近づいても、3連装拡散メガ粒子砲が雨あられのように降ってくる。まったくヒドイ兵器をつくったもんだよ!>ティターンズ
I-Fieldでビーム兵器のダメージは低減される サイコガンダムのリフレクター・ビット
I-Fieldがあるので、ビーム兵器のダメージは大幅に軽減される。ビームサーベルで斬りつけるか、実弾兵器(バズーカ)などで応戦しようさらに宇宙ではリフレクター・ビット(鏡面反射するビットを使った、曲がるビーム)で大ダメージを食らう!
ジオンのパイロットにいるカテジナさん
ちなみに、こちらがジオン軍パイロットとして雇用できる、通称カテジナさんのお顔。戦闘シーンに出てくる台詞もそれっぽく聞こえる

 研究熱心、とまではいかない一般プレイヤーも影響を大きく受けるのが、盾の影響の軽減だ。第2クールまでは、盾によるダメージ軽減が強く効き、盾の有無で被ダメージ値がかなり変わってしまうため、盾持ちMSやMAが少ない陣営(ジオンやティターンズ)は「不利だ」「ずるい!」と嘆く声もあった。この調整は大歓迎だが、GNO2では盾の有無による回避/命中性能の増減補正や、戦闘中の盾破壊もあったため、GNO3でもぜひ盾を巡る戦略のさらなる多様化に期待したい。

 追加される新MS/MAは、序盤の技術レベル3(2週目の週末)で、連邦軍に「プロトタイプガンダム」、ジオンには「ザクレロ」が登場する。これにより、連邦軍では「ゾックに対抗できる強力なMSが欲しい!」、ジオンでは「宇宙でザク系を守れる壁がない!」――という不満が解消されるわけだ。

 このほかの変更点は公式サイトを参照してほしい。

編注:上ではまじめに語っているが、ザクレロの翌週=技術レベル4では「ビグロ」と「グフ・カスタム」が登場する。戦力バランスうんぬんよりも、「アッガイたん」に次いでカルトな人気を誇る「ザクレロさん」を、GNO3の3D CGで見たいんじゃー! という声が多く寄せられたからに違いない。うん、そうだそうだ。


友達紹介キャンペーンで、強化型MSを入手せよ!
(7月30日まで)

 第3クールの公式なアナウンスと同時に、新しいキャンペーンが発表された。新しくGNO3に参加した友人と紹介者(既存のプレイヤー)の両方に、強化型MSと改造パーツがプレゼントされるというもの。

強化型リック・ドムと強化型ジム・スナイパーカスタム
キャンペーンでプレゼントされる強化型MS(公式サイトより)。最大3人まで紹介できるとのこと

 強化型MSは、ジオン公国軍に参加したら「リック・ドム+」、地球連邦軍なら「ジム・スナイパーカスタム+」となる。どちらも☆付き(褒賞機、性能は高いが搭載が1増える)と違って、搭載が同じで高性能な機体だ。HP、回避、命中率、威力が強化される。

 改造パーツ「ギレンの胸像」は、HP+5%、威力+5%、移動+1、稼働時間+2でペナルティーはない、という美味しいパーツ。上記の+機体に搭載すれば、かなりの活躍が期待できるはず。

 これらの特典は、期間中(7月1日から7月30日まで)に紹介者(既存会員)が会員メニューで発行したキャンペーンコードを新規入会する友人に渡し、使用してもらうことで双方に特典が配布されるという仕組みだ。8月10日の定期メンテナンス終了後(技術レベル4の時期)に補給される。そのほか、詳細は公式サイトを参照されたい。


■Amazon.co.jpで購入

 (次ページ、「GNO3をめぐるジレンマの数々」に続く)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ