このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「週アスLIVE! 2010 Summer」

週アスLIVE!開催 週アス会場限定版は約3時間で配布終了

2010年07月03日 23時51分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中央通り沿いのイベントスペース「ベルサール秋葉原」で、週刊アスキー読者感謝祭「週アスLIVE! 2010 Summer」が開催された。

5回目の開催となる今回の「週アスLIVE!」は、夏のボーナス商戦に向けて発表されるノートPC、スマートフォン、iPadなどがテーマとなっている。もちろんラブプラスもね

 「ラブプラス+」のキャラクター小早川凛子が表紙の「週刊アスキー秋葉原限定版 会場限定バージョン」を配布するとあって、会場には朝から非常に多くの人が詰めかけた。同限定版はかなりの数を用意していたのだが、午後2時ごろには在庫が底を付き配布が終了となってしまった。ただ、当日会場でゲットできなかった人も「凛子にフラれた」と落ち込まないでほしい。週アスPLUSに掲載されているとおり、7月6日発売の週刊アスキー本誌の付録に、会場限定バージョンと同じイラストの凛子が登場するので、それまで生きる希望を失わないでもらいたい。

「週刊アスキー秋葉原限定版 会場限定バージョン」を求めて、イベント開催時刻の11時には会場を半周する列が出来ていたかなりの冊数を用意していたのだが、午後2時ごろには在庫が底を付き配布終了。ゲットできなかった人ゴメンナサイ
AR技術を駆使した「ラブプラス記念写真コーナー」iPhoneのカメラを利用してツーショット写真が撮れた

週アスの記事を間近で感じられる
展示ブース

週刊アスキーの人気連載コミック「パーツのぱ」の舞台であるPCパーツショップ“こんぱそ”を会場に再現こんぱそ内では、会場限定の「週刊アスキー パーツのぱ特別編」を配布
パソコンショップらしく、話題のパーツや、ショップオリジナルPCを展示。なかには、見積書のパーツ構成をじっくり確認する猛者もいた
週刊アスキーの自作PC記事「ジサトラ!」で紹介した鉄PCの実機デモ。アクリル製のPCケース内に鉄道模型が走っており、手動での操作はもちろん、PC上からも鉄道の運行を操作できるようになっている。これぞ自作の醍醐味!鉄道模型の下には「ATOM 330」で構成された自作PCがしっかりビルトイン。鉄道模型があろうがなかろうが、熱暴走することなく常用できるところがスゴイ
「パーツのぱ」の作者、藤堂あきと先生がサプライズ来店。その場でポップにサインしていただきました
最新スマートフォン体験ブースでは、iPhoneをはじめ、各キャリアの最新スマートフォン全15機種が大集合。じっくり触れるうえに、各社の性能比較がその場でできるので、AndroidコーナーとiPhoneコーナーを何度も往復する人がいた。どれにしようか悩んでいたが、ここで触って決心がついたという人もいたようだ
7月24日発売の電撃ホビーマガジン9月号の付録「ホワイトベースMSハンガー」。本来は1/144スケールのガンプラを乗せるものだが、写真のようにスマートフォンのスタンドとしても活用できるのだ!国内未発売の海外端末も展示されていた。このイベントでしか見られない貴重な製品ということで、スマートフォンマニアがじっくりと観察していた
SUMSUNG製のスマートフォン「Galaxy S」。同社独自の4インチ有機EL(Super AMOLED)を搭載しており、その画面の美しさは特筆ものだ。発売日は未定ながら国内の発売も予定されているので、今後の動きに注目したい

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社