このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

紙っぽい漫画、ウェブでも読みやすく も印西瓜さんの方法論

2010年06月11日 12時00分更新

文● ノトフ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウェブ漫画は自由な空間だ。実力や知名度に関わらず、誰もが発表できる。

 それだけに、発表される漫画の数も膨大だ。人気の作品ともなると一日何万PVもかせぎ出す人気サイトになる。その1人が前回インタビューをしたHERO氏だ(関連記事)。そのHERO氏が、ずっと気になっている作家さんがいるという。「寝ても覚めても」というサイトで、ウェブ漫画「T.Yメモリーズ」を発表している、「も印西瓜」(もじるしすいか)さんだ。

 も印さんの特徴は、とても「漫画らしい」というところ。「堀くんと宮村さん」や「ヘタリア」「となりの801ちゃん」といった人気のウェブ漫画を見てみると、4コマ調の構成が多い。だが、「T.Yめもり~ず」はかなり複雑にコマを構成したギャグマンガ。漫画のページそのものをクリックして読みすすめていく構成は勢いがあり、テンポ良く読めて気持ちがいい。

T.Yめもり~ず

 普通に紙で連載されている漫画を読んでいるような感覚で自然と読める。だが、ただ紙に描いた漫画をページに貼りつけているだけでは、ここまで読みやすくならないはずだ。紙の原稿からウェブページに移ったとき、いったいどこに工夫をすればいいのだろう?

 今回はそんなも印さんに話を聞いた。ウェブ漫画の方法論をはじめ、ウェブで描くことになったきっかけ、どうして4年間もウェブでの「連載」をつづけられるのか、そのモチベーションの源を聞いてみた。

 「ウェブ生まれ」と言える作風のHEROさんとはまた違った個性のあるも印さん。千種万様なウェブ作家の魅力にふれてほしい。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART