このページの本文へ

XperiaやDesireを買ったらインストール! Androidアプリ2010年夏 ― 第1回

最初に入れたいAndroidアプリ【常駐ツール・ユーティリティ編】

2010年06月18日 12時00分更新

文● memn0ck、ヤシマノブユキ、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

非通知着信の拒否などケータイ的な機能を追加する

CallFilter(日本語版)

CallFilter(日本語版) 1.3.0

作者:telemarks.co.jp
価格:無料


 非通知や特定の電話番号からの着信を拒否したり、サイレントモード(無音着信)にしたりできる着信機能の補助アプリ。非通知着信拒否はチェックをするだけと簡単に設定できる。また特定の番号を指定する際も連絡先や通話履歴から設定したり、番号を直接入力したりとお手軽だ。また、アドレス帳登録外の番号という設定も可能。

 リストを外部メモリーカードに書き出したり、逆に読み込んだりできるので、端末を変えても簡単に設定を移行できるなど、一般的な携帯電話の着信拒否機能をほぼ実装できる大変便利なソフトだ。

非通知着信は簡単にチェックを入れるだけで着信拒否できる。また番号指定による着信制御も、まずフィルターリストをタッチして、メニューキーからリストを追加して、「指定した番号の着信を制御する」にチェックをするだけで可能だ

通話の音声を自動的に録音しておける

テープレコーダのボイスレコーダの電話レコーダー

テープレコーダのボイスレコーダの電話レコーダー 3.2.1

作者:Publish Android Apps
価格:無料


 通話を録音可能なボイスレコーダーアプリ。初期設定のまま常駐させると、通話を行なうと自動的に録音が開始し、終話すると録音が終了するようになる。設定から自動録音しない番号をリスト登録できるほか、自動録音をしない設定も可能だ。

 録音された通話は、アプリを起動すると一覧表示されているので、タッチすると再生され、長押しするとポップアップメニューが表示されるので、そのデータをメールで送信することもできる。単純なボイスレコーダーとしても使え、画面下部に表示されている赤丸ボタンをタッチすると録音が開始し、黒四角ボタンを押すと停止する。さらにメニューキーからタイマーを利用すれば、これから何分後に何分間録音するといった使い方もできる。

録音した通話の再生および設定画面。自動録音の設定になっている場合には、通話が開始された時に「録音を開始します」という文字が画面に表示される。通話より多少前から録音が開始されるほか、たまに自動録音が行なわれないときもあるようなので注意してほしい

使いにくいAndroid標準に電話帳を強化する

e電話帳(for donut)

e電話帳(for donut) 1.6.3

作者:e.soft xproject team
価格:無料


 タブで表示切替ができる電話帳アプリ。Android標準の電話帳は、名前順にずらっと並んでいるだけとなるが、一般的な携帯電話のようにあ行などで切り替えて表示したい人はオススメしたい。

 データ自体は標準の電話帳と共通なので、Googleアカウントとの同期も可能だ。タブ切替もあ行などの名前の読み順だけでなく、メモリNo.順、グループ順、所属順があり、グループ設定や検索も可能だ。

画面上部に「あ」「か」などの行が表示されているので、タッチするとそれぞれの行が表示される。名前をタッチして詳細を表示してから発信するほか、長押しして表示されるポップアップメニューから発信もできる。詳細表示時にはアイコン(写真)も登録可能となっている

誰とよく通話しているかが一目でわかる

お気に入り連絡先

お気に入り連絡先 1.4.0

作者:Yuya Nishida
価格:無料


 よく通話している相手がすぐにわかる通話履歴解析アプリ。最近30日分の通話履歴から、通話時間別に長い相手もしくは通話回数の多い相手順に表示してくれるので、よく通話する人が一目でみられるのだ。また、お気に入り連絡先から通話相手を長押しすると直接発信できるので、ウェブブラウザーのブックマークのように使える。

 通話解析は、合計通話時間や平均通話時間、通話回数がそれぞれ発信、着信ごともしくはその両方を合わせたものでタブで切り替えて表示できるようになっている。さらに各相手をタッチすると細かな通話履歴も表示できるのもありがたい。表示順は設定から「一覧の表示順」で変更できる。設定で「起動用通知を使用」にチェックを入れると通知エリアにアイコン表示されて、起動しやすくなるのでAndroid端末で音声通話を頻繁に使うユーザーならば入れておきたいアプリだ。

お気に入り連絡先では、よく通話する相手を円グラフでパーセント表示してくれる。標準の連絡帳に登録してある電話番号ならきちんと名前が表示されるのもうれしい。通話相手をタッチすれば、細かな通話履歴も確認可能だ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART