このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ガラケーはやっぱりスゴイ! ケータイの機能をとことん調べてみた ― 第14回

ケータイの卓上ホルダーは付属しているとやっぱり便利?

2010年04月19日 16時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 卓上ホルダーが標準で付属するケータイが減っている。最近のケータイの箱はとても小さく、本体と簡単な説明書だけ(詳細な説明書はネット上で配布)ということも多い。その分、端末が安くなるならいいかと思う人もいるだろう。一方で卓上ホルダーはやっぱり欲しいという人も決して少なくない。今回はそんな卓上ホルダーのメリット、そして端末ごとの小さな工夫を調べてみた。

現在では貴重な存在となった
卓上ホルダー標準付属のケータイ

 今回用意した6台は、卓上ホルダーが標準の付属品として用意されている製品だ。昨年の夏モデルや子ども向けケータイが入っているあたり、いかに標準で付属する製品が少ないかがわかると思う。

 ちなみに各社の4月のパンフレットを確認すると、卓上ホルダー付属の有無が書いてあったドコモのケータイ29モデル中、付属するのは7モデル。auは27モデル中(iidaを含む)3モデル。ソフトバンクは42モデル中、6モデル。それ以外はオプション(500~3500円程度)で用意されているケースが多いが、なかには卓上ホルダーが提供されていないモデルもある。

●NTTドコモ「N-03B
●NTTドコモ「F-03B
●NTTドコモ「SH-07A
●au「mamorino
●au「BRAVIA Phone U1
●ソフトバンクモバイル「936SH

NTTドコモ「N-03B」
NTTドコモ「F-03B」
NTTドコモ「SH-07A」
au「mamorino」
au「BRAVIA Phone U1」
ソフトバンクモバイル「936SH」

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART