このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道第25回

机上で使えるオーディオアンプ「Prodino CORE-A55」を試す

2009年10月05日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 パソコンからの音を出力するデバイスとして、アンプ内蔵型のアクティブスピーカーが広く使われている。ただアクティブスピーカーは拡張の余地が少ない。パソコンにしてもオーディオ機器にしても、拡張する「のびしろ」があるからこそワクワクするものだと考える筆者にとって、アクティブスピーカーはあまりにまとまりすぎているのである。

 そんなことを考えていたところ、ケンウッドから魅力的な製品が登場した。「Prodino CORE-A55」という製品で、パソコンとの接続を前提とした2chのアンプとスピーカーがセットになったもの。もちろんスピーカーは取り替えられるので、自分の好みにあった音を探して試行錯誤できる。


小型の本体にてんこ盛りの入力端子

「Prodino CORE-A55」。スピーカーセットで実売3万5000円前後
「Prodino CORE-A55」。スピーカーセットで実売3万5000円前後

 フルデジタルアンプということもあり、本体はかなり小さい。アンプ本体のサイズは幅170×奥行き144×高さ42mmで、液晶ディスプレーと机の隙間など、ちょっとしたスペースに気軽に設置できる。アクティブスピーカーと比較した場合、CORE-A55はアンプがある分だけ設置面積は大きくなる。ただ、ギリギリまでアンプを小型化し、さらに専用スタンドを使った縦置きを可能にすることでその不利を十分に補っているわけだ。

本体背面 本体背面。入出力端子が小さい面積に詰め込まれている

 入力インターフェイスはS/PDIF(光角形)とアナログ入力(ミニピン)、そしてパソコンと接続するためのUSB端子がある。また「D.AUDIO」という端子があり、同社のデジタルオーディオプレーヤーを接続できるほか、オプションの専用ドックを介してiPodとの接続も可能となっている。ただしiPodからの取り出しはアナログとなっている。

 SDメモリーカードスロットやUSBメモリなどのストレージを接続するためのUSBインターフェイスがあり、それらの中にある音楽ファイルをダイレクトに再生する機能も搭載されている。好きな音楽をSDメモリーカードに保存し、CORE-A55のカードスロットに入れっぱなしにしておけば、気が向いたときに気軽に再生することができるわけだ。

本体前面のダイヤル 本体前面のダイヤル。上が音量調整用で下が入力切り替え用

 さらに本体前面には、音量調整用と入力切り換え用の2つのダイヤルが装備されている。面白いのはその配置で、音量調整用のダイヤルの背後に入力切り替え用ダイヤルが設置されている。音量調整用のダイヤルは適度なクリック感があり、心地よく回せる。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART