このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ニコニコ動画講座の神職人を取材してみた ― 第8回

プロの犯行現場|Photoshopで水着美女を描く!【彩色編】

2009年10月03日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部 イラスト・監修●INO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まずは基本の彩色からスタート!

線画の描き方は前編をチェック!

 ニコニコ動画の人気作「イヤースピーカー描いてみた」の作者であり、プロイラストレーターのINOさんにイラストの描き方を教えてもらうPhotoshopのチュートリアル。

 前編では線画の描き方を教えてもらったので、後編ではいよいよ彩色に移る。まさに「プロの犯行」というべきテクニックが満載なので、必要なところはメモを取りながら読み進めてほしい。

 まずは肌の彩色用に、塗りつぶしレイヤーを新規作成するところからスタート。肌にあたる部分をざっくり選択して塗りつぶす。ついで黒を選択し、塗りつぶしツールで肌以外の部分を消していく。

 「白で塗りつぶし、黒で消す」が塗りつぶしレイヤーの基本動作。「X」キー1つで色の入れ替えが出来るので、ブラシと消しゴムを交互に入れ替える普通のレイヤーよりも扱いやすいのだという。

まずはざっくりと選択範囲をとり、塗りつぶしツールで体の線に合わせて削りとっていく

 大まかな塗り分けが出来たら、ツールをブラシに切り替えて細かいところを削り出していく。版画のように色を塗り重ねていくことになるので、この段階では髪や水着などにかぶっている部分は特に気にしないで塗ること。すべて選択し終わったら色味を調整して肌色の地色は完成だ。

 続いては髪。基本的には肌と同じ流れで選択していくが、今度は毛先など細かいところがあるので、細かい消し残しなどを取り除いていく必要がある。塗りつぶしツールでサクサク選択したあと、レイヤーパレットからレイヤーマスクをAlt+クリックして一度マスクチャンネル表示に切り替えそこでふたたびブラシを使う。あとの手順は肌と同じだ。

髪などの細かい部分はマスクチャンネルを表示して白黒のイメージで編集すると、塗り残しが確認しやすい

 ついでパレオの彩色で使っているのは多角形選択ツール。本来はアンチエイリアスのチェックを外して選択していくのだが、今回は外し忘れていたため選択後に色調補正→2階調化する。そのままだとアンチエイリアスのかかった境界部分が塗り残ってしまうためだ。このあたりがプロの気配りだ。

多角形選択ツールでパレオを選択した後、選択範囲を2階調化してジャギらせる。塗りつぶしツールでの塗り残しを防げる

 水着と白眼に基本の色をつけたら、今度は籐の椅子。籐の網目を再現するのだが、もちろんすべての作業をする必要はない。キャラクターが上に表示される部分を確認しながら、必要のある部分だけをブラシと塗りつぶしツールを併用して選択していく。忘れがちな座面を塗ったら椅子は完成、今度は影付けに移っていく。

当然だがキャラクターに重なる部分は作業しなくてもいい。レイヤーを非表示にして確認しながら進めること

 最後は瞳の色。白眼をベースレイヤーにして、クリッピングマスクをのせて瞳にブラシで光彩にあたる色彩、この場合であれば明るめのブルーを入れる。このとき、ブラシサイズを画面上で調整している。これはPhotoshop CS4から搭載された機能だ。

左の赤い円がブラシサイズ調整中のガイド。Ctrl+Alt+左右ドラッグで調整する

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART