このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

アメリカ最大のオタクイベント「コミコン2009」レポート ― 第1回

オタクに国境はない! コミコン前日のプレビューナイトに潜入!

2009年07月30日 23時00分更新

文● ゴリラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コミコンのためにサンディエゴにやってきた!

 1969年、地元サンディエゴでひっそりと始まったコミックコンベンション、略してコミコンは、コミック、MANGA、映画、TOYなどをはじめ、今や世界中からオタク(仲間)が集う、全米はもとより世界中のエンターテイメント業界が注目する祭典となった。

 そんなコミコンが、今年もアメリカはサンディエゴで7月22~25日までの4日間、熱狂の渦の中行なわれた。年々来場者が増え続けているが、今年はコミコン開催40周年ということもあり、例年以上の盛り上がりをみせている。チケットも年の初めに発売されたが、開催約3ヵ月前には全日程完売という盛況っぷりだ。

 まずは、4日間の通し券を購入した者だけが参加出来る、開催日前日(21日)の18~21時に開かれるプレビューナイトに参加したので、レポートしよう。

 アメリカ最大級のポップカルチャーの祭典に、我々日本の文化がどこまで浸透しているのか気になるところ。スター・ウォーズに負けじと、連邦の白いヤツは立っているか!? いざ突入!

前夜祭からテンション最高潮!

 会場に入ると既に熱気ムンムン! DCコミックやマーベルといった、アメコミ2大巨頭がドカンとブースを構える。

 また、場内に無数に出展されている他のブースも白熱! こちらのモンスターズTVのブースでは、クリーチャーアーティストによるデモンストレーションが行なわれていた。会場のざわめきなどものともせず、黙々とクリーチャーを造り上げていくその集中力は流石。

 出ましたサイドショウ。現在アメリカを代表するトイ、プロップレプリカメーカーで、ターミネーターシリーズやエイリアン、スター・ウォーズにインディ・ジョーンズなどのムービーキャラクターを中心に扱い、世界中にファンを抱える。

 メイン会場のド真ん中にブースを構え、自社製品の新作発表や提携メーカーの新作、コラボレーション作品を展示。とにかくハイクオリティーかつダイナミック!

このまま動き出しそうなアイアンマンの胸像
巨匠ジェームズ・キャメロンの新作「アヴァター」のフィギュアが早くも登場!

 AVP2で登場した、エイリアンとプレデターのミックス「プレデリアン」の等身大やらマスクやらがズラリと並ぶ前には、インディ・ジョーンズの新作コーナー。

 それに加えて、今回のコミコンでもっとも注目を浴びているというジェームズ・キャメロン監督の新作3D映画「アヴァター」から、早速劇中ロボが新作ラインナップとして飾られていたり、アイアンマンにターミネーターなど、ハリウッドの人気作品のヒーローが強烈な存在感でいらっしゃいます。

お馴染みスター・ウォーズの帝国軍隊「ストームトルーパー」のカスタム12インチ達の中に、セレブも大好きなあのキャラにカスタムされたトルーパーを発見!

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社