このページの本文へ

商品の価格を検討する(独自ドメイン店・楽天店)

2006年11月08日 09時00分更新

田嶋 節和/株式会社サーフボード 代表取締役 Webマスタースクール 校長

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 商品販売の場合、粗利(粗利益、荒利益)を考えなければ、いくら儲けが出ているのか分かりません。販売する商品にもよりますが最低でも、粗利は40%以上を確保しましょう。今号では独自ドメイン店と楽天店における粗利40%を想定した場合の予想利益を計算してみます。

 なお、クレジット決済の利用比率を独自ドメイン店は40%、楽天店は60%として楽天店の比率を現状に合わせ高くして計算します。

【独自ドメイン店の場合】

月商 200万円、粗利 40%、商品数 2,500点
平均購買単価 4,000円(月注文件数 500件)
クレジット割合 40%(決済手数料 3.6% 処理手数料 15円 / 件)
「送料無料」とし、店側が全額送料を負担した場合

 売上(月)  2,000,000円(@4,000円×500個件)
 売上原価  1,200,000円
 売上総利益  800,000円(粗利 40%)
 パソコン/インターネット設備  15,000円
 地代家賃、水道光熱費  50,000円
 レンタルサーバ  20,000円
 Web制作償却  80,000円
 販促費  50,000円
 配送料・梱包他  350,000円(@500円×500件)+([アットマーク]200円×500件)
 クレジットに関する手数料  31,800円(@4,000円×200件×3.6%)+3,750円(@15円×200件)
 596,800円

 売上総利益  800,000円
 営業経費  596,800円
 営業利益  203,200円

【楽天店の場合】

 楽天市場出店の場合、粗利を独自ドメイン店に比べ高く設定する必要があります。出店料やマージン、プロモーションなどで経費がかさみ、利益がほとんど出ないためです。

月商 200万円、粗利 40%、商品数 2,500点
平均購買単価 4,000円(月注文件数 500件)
クレジット割合 60%(決済手数料 3.6% 処理手数料 15円 / 件)

 楽天市場出店固定費  50,000円
 課金  70,000(1,000,000円×4%+1,000,000円×3%)
 楽天スーパーポイント付与料  20,000円(1%)
 140,000円
 パソコン/インターネット設備  15,000円
 地代家賃、水道光熱費  50,000円
 Web制作償却  40,000円
 配送料  250,000円([アットマーク]500円×500件)
 梱包 他  100,000円([アットマーク]200円×500件)
 クレジットに関する手数料  47,700円(@4,000円×300件×3.6%)+4,500円(@15円×300件)
 502,700円
 各種広告  30,000円
 共同懸賞  50,000円
 80,000円

 売上総利益  800,000円
 営業経費  722,700円
 営業利益  77,300円

 実績のあるカタログ通販会社などでは、粗利率60~80%確保するのが相場です。お客様が足を運ぶ実店舗に比べ、ネットショップでは梱包、配送、入金確認と余分なコストや手間がかかります。特に送料にかかわるコストはネットショップにとって大きな負担となります。そのため、適正な粗利を確保しないと、例え売上がアップしても自転車操業に陥ります。

 また、「送料無料 = 購買単価のアップ」という明確な目的で、実施してください。さらに、新規顧客確保が目的の「お試しセット」は送料無料とし、購買までのハードルを低くします。

著者プロフィール

名前 田嶋 節和 tajima[アットマーク]surfboard.co.jp
※著者に直接問い合わせをする際は、お名前、会社名、サイトURLなどを明記してください。
会社 株式会社サーフボード
サイト http://www.surfboard.jp/

Web Professionalトップへ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く