このページの本文へ

Mac初の3波対応! ピクセラの地デジキャプチャー

2009年05月13日 11時17分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ピクセラは12日、地上/BS/110度CSデジタル放送に対応したMac用のUSBキャプチャー機器「CaptyTV Hi-Vision」を、6月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、予想販売価格は2万2800円。

CaptyTV Hi-Vision CaptyTV Hi-Vision。型番は「PIX-DT181-PU0」

 Mac向けとして初めて、地上デジタルに加えて、BS/110度CSに対応したのが特徴。USBバスパワーで動作するため、ACアダプターが必要ない。視聴/録画ソフトとしては「StationTV LE for Mac」が付属する。

 このほか、Apple Remoteからの操作、iPhone 3Gや携帯電話を使った遠隔予約録画、録画中の追いかけ再生、スリープや電源オフ状態からの予約録画──といった機能を用意。今秋にはBlu-rayディスクへのムーブやデータ放送にアップデートで対応するという。

 対応OSは、Mac OS X 10.5.6以上(Mac OS X 10.6にはアップデートで対応)。対応機種は、CPUがCore Duo/Core 2 Duoで、1GB以上のメモリーを備えたMac。ただし、デジタル放送のコンテンツ保護規定のため、ディスプレー一体型かアナログRGB出力が可能なMacに限られる。アナログRGB出力時は、52万画素以下の映像にダウンサイズされる。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中