このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

AMD、DDR2メモリーや仮想化技術に対応した第2世代のOpteronプロセッサーを発表!

2006年08月15日 12時49分更新

文● 編集部 小西利明

DDR2メモリーや仮想化技術に対応した最新の“AMD Opteronプロセッサ
DDR2メモリーや仮想化技術に対応した最新の“AMD Opteronプロセッサ”

日本エイ・エム・ディ(株)(以下AMD)は15日、第2世代となるサーバー&ワークステーション向けデュアルコアCPU“AMD Opteronプロセッサ”(以下Opteron)を25製品発表した。“Revision.F”と称されていたこの新Opteronは、新しい形状のソケット、DDR2メモリー、ハードウェア仮想化技術などの特徴を備える。

Opteronシリーズは大きく分けて、シングルプロセッサーシステム向け、デュアルプロセッサーシステム向け、4プロセッサー(4P)以上のシステム向けの3種類のラインナップが存在する。新製品も同様で、新たに4桁のモデルナンバーが採用された。シングル向けは1000シリーズ、デュアル向けは2000シリーズ、4P向けが8000シリーズとなっている。また通常の消費電力(Max TDP 95W)の製品と低消費電力(同68W、モデルナンバー末尾にHE)の製品に加えて、高クロック高TDPで最高性能を重視した“Special Edition”(同120~125W、末尾にSE)も登場する。

CPUソケットは1000シリーズがSocket AM2を、2000と8000シリーズが新しい“Socket F”(1207ピン)を採用する。2次キャッシュメモリー容量は全製品共通で、各コアごとに1MBの計2MBとなっている。発表された製品のモデルナンバーと仕様は以下のとおり。

AMD Opteronプロセッサのプロセッサー仕様
8000 2000 1000 最大周波数 TDP
8220 SE 2220 SE 2.8GHz 120W
1220 SE 2.8GHz 125W
8218 2218 2.6GHz 95W
1218 2.6GHz 103W
8216 2216 2.4GHz 95W
1216 2.4GHz 103W
8216 HE 2216 HE 2.4GHz 68W
8214 2214 2.2GHz 95W
1214 2.2GHz 103W
8214 HE 2214 HE 2.2GHz 68W
8212 2212 2.0GHz 95W
1212 2.0GHz 103W
8212 HE 2212 HE 2.0GHz 68W
2210 1.8GHz 95W
1210 1.8GHz 103W

最新のOpteronは全製品が、AMD64テクノロジーをベースとしたデュアルコアCPUとなっている。2つのCPUコアとメモリーコントローラー、HyperTransportインターフェースを内蔵し、従来と同様に64bit拡張命令に対応する。AMD64テクノロジー対応CPUは、CPUダイ上にメモリーコントローラーを内蔵する“ダイレクトコネクト・アーキテクチャー”を採用しているが、新しいOpteronは先日発表されたSocket AM2対応Athlon 64 X2などと同様に、DDR2メモリー(※1)に対応。これによってメモリーアクセス性能を大きく向上させた。同社では単に高速なDDR2メモリーに対応しただけでなく、ライバルである米インテル社の最新サーバー&ワークステーション向けCPU“デュアルコアXeon 5100”搭載システムが採用するFB-DIMMに比べて、DDR2メモリーは58%も低消費電力であり、メモリー自体のコストも低いと優位性をうたっている。

※1 1000シリーズは最高でDDR2-800、2000と8000シリーズはDDR2-667に対応

また最新のOpteronは、全製品がハードウェア仮想化技術“AMD Virtualization”(以下AMD-V)を搭載している。AMD-VはMicrosoft Virtual ServerやVMware、Linux向け仮想化環境“Xen”などに対応するほか、Windows VistaやLonghorn Serverなどの将来プロダクトでもサポートされる予定である。ハードウェア仮想化技術は、特にエンタープライズサーバーシステムで重要な技術として活用が進んでおり、同分野でのシェアを大きく伸ばしているOpteronシリーズにとっては、待ち望まれていた機能と言える。同社ではCPUとメモリーを直結できるダイレクトコネクト・アーキテクチャーは、仮想環境上で動作するゲストOSに対しても、競合のシステムよりもボトルネックが少なく、高速なメモリーアクセスを提供できるとしている。

1000個ロット時の価格は以下のとおり。

Opteron 8000シリーズ
8220 SE 2649ドル(約30万4635円)、8218 2149ドル(約24万7135円)、8216 1514ドル(約17万4110円)、8216 HE 1832ドル(約21万680円)、8214 1165ドル(約13万3975円)、8214 HE 1340ドル(約15万4100円)、8212 873ドル(約10万395円)、8212 HE 1019ドル(約11万7185円)
Opteron 2000シリーズ
2220 SE 1165ドル(約13万3975円)、2218 873ドル(約10万395円)、2216 698ドル(約8万270円)、2216 HE 786ドル(約9万390円)、2214 523ドル(約6万145円)、2214 HE 611ドル(約7万265円)、2212 377ドル(約4万3355円)、2212 HE 450ドル(約5万1750円)、2210 255ドル(約2万9325円)
Opteron 1000シリーズ
1220 SE 899ドル(約10万3385円)、1218 749ドル(約8万6135円)、1216 593ドル(約6万8195円)、1214 438ドル(約5万370円)、1212 335ドル(約3万8525円)、1210 255ドル(約2万9325円)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART