このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

エージーテック、XML統合開発環境『ADOS XMLStudio』の販売を開始

2003年07月31日 22時22分更新

文● 編集部

(株)エージーテックは31日、XML開発者向け統合開発環境『ADOS XMLStudio(アドス・エクスエムエル・スタディオ)』の販売を8月25日に開始すると発表した。『ADOS XMLStudio』は米IBM社が開発したJavaベースのオープンソース開発プラットフォーム“Eclipse Platform”用のプラグインソフトで、(株)アドスが開発したもの。『ADOS XMLStudio Standard Edition』と、“Webサービス”とXMLデータベースアクセス機能を強化した『ADOS XMLStudio Professional Edition』をラインアップする。価格は、Standard Editionが2万4000円(ダウンロード版は1万8000円)、Professional Editionが6万8000円(ダウンロード版は6万2000円)。

画面イメージ
画面イメージ

『ADOS XMLStudio Standard Edition』は、ツリー形式を採用したXMLドキュメント編集や、XMLドキュメント/Xpathの妥当性の検証、“スキーマウィザード”によるノード追加のほか、ODBC/ADO/JDBCに対応したデータベース連携、テンプレートを利用した入力支援などの機能を搭載する。『ADOS XMLStudio Professional Edition』では、Standard Editionの機能に、ネイティブXMLデータベースへのアクセスや、Apache Axisに対応したWebサービスなどの機能が追加されている。対応OSは、Windows XP/2000/Me/98で、Eclipse 2.01またはEclipse 2.1が必要。

製品パッケージ
製品パッケージ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART