このページの本文へ

Mac本体を買うとiLife '09が付いてくる

ついに「iLife '09」発売 白いアイツも店頭で触れる!

2009年01月28日 19時19分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 28日に発売が発表されていたアップルのマルチメディアスイート「iLife '09」(Apple Storeで見る)。予告通り店頭にパッケージが並んでいるのかと東京・銀座にあるApple Store Ginzaを訪れてみると……。ありました!

iLife '09 銀座店の入り口から、すでにiLife '09!
パッケージ パッケージが山積みになっていた。価格はシングルライセンスが8800円、ファミリーパックが1万800円。写真右下には、iLife '09、オフィススイートの「iWork '09」、Mac OS X v10.5.6 Leopardという3本がセットになった「Mac Box Set」の姿も見える(価格は1万8800円)
iPhoto GarageBand
もちろん店頭のMacではiLfeの各ソフトを触れる。左は写真を「顔」で分類できるiPhotoの「人々」機能。右はピアノやギターの弾き方を学べるGarageBandのレッスン機能だ

 このiLife '09は、これから出荷するMac本体に同梱される。Apple Store Ginzaで店員に話を聞いてみると、銀座店では本日からMac本体にiLife '09が付いてくるそうだ。ただし今のところ、MacにプレインストールしてあるのはiLife '08で、iLife '09はディスクとして渡される。インストールはやや面倒かもしれないが、考えようによってはiLife '08/'09という2本のソフトが手に入るのでちょっとお得(?)かもしれない。

 一方で、すでに一般販売店に流通してしまっているMacの中には、iLife '09が付かないものもあるようだ。アップルが用意している「iLife '09 ハードウェア Up-To-Date プログラム」を利用すれば、980円でiLife '08から'09にアップグレードできるとはいえ、iLife '09をすぐに使いたいという人は付属しているかどうかを確認しておこう。

 Apple Store Ginzaでは、3階にあるシアターにて、早速、新しいiLife/iWorkの無料ワークショップを開いている。各ソフトの何が魅力なのか教えてほしいという人は、銀座店のウェブページでスケジュールを確認の上、訪れてみるといいだろう。

シアター
Apple Store Ginza 3階のシアターでiLifeの魅力が分かる!

GeForce付きの「白MacBook」も!

 22日にマイナーチェンジされた白いMacBookも本日から店頭に並んでいた(関連記事Apple Storeで見る)。一方で、Macworld Expoでお披露目していた17インチMacBook Proはまだ姿を現しておらず、実機に触れない。

白MacBook
新しい白MacBookにも触れるぞ! 最新版ではグラフィック統合チップセットにGeForce 9400Mを搭載し、グラフィック性能がパワーアップした

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中