このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

実はお得なMacBookホワイト

白MacBook、メッタぼめ独演会!!

2009年02月03日 18時15分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

発表はサイレントでも、中身は大幅アップデート!

白MacBook
編集部に白MacBookがやってきた!

 1月22日にプレスリリースなしでひっそりと更新され、1月28日に発売が始まったMacBookの下位モデル「MacBook ホワイト」(Apple Storeで見る)。

 MacBookと言えば、最近ではアルミ筐体のものが前面に出てきており、ポリカーボネート製ボディーのMacBookホワイトは目立たない存在だ。しかし、MacBookホワイトをよく見てみればお買い得なところも多い。

 早速、実機を取り寄せて編集部で触っていたところ、以前よりMacを使ってみたかったというマッチョ編集者がものすごい勢いで食いついてきた! 聞けば彼はDTMをやりたいがために、わざわざMac対応のオーディオインターフェースまで用意していたらしい。

「こはまっちょ」の呼び名が短くなって、マッチョになったのだ。


新しいのはFireWireないっすよ

マッチョ(マ) 以前からMacで音楽を作りたかったんですよ。来るべきMacを買う日に備えて、5万円はたいて「konnekt 24D」というプロも使っているオーディオインターフェースまで用意していた。

広田(ひ) おお、すごいね。

 でも、新しいアルミのMacBookはFireWireがないんですよ。これってどういうことですか!?

MacBookホワイト MacBookアルミニウム
左がポリカーボネート、右がアルミニウムのMacBook。ポリカーボネートボディーにはFireWire 400端子(左から4番目)が付いている

 FireWire接続のオーディオインターフェースだったの?

 何を言ってるんですか。Macでオーディオインターフェースと言えば、FireWire接続のものがメインじゃないですか。なのに新しいアルミのMacBookにはFireWire端子が付いていない。

 そうだね。俺もアルミのMacBookを買って思ったけど、FireWireがないとターゲットディスクモードが使えなくて不便なんだよ。周辺機器もHDD、HDVカメラ、TVキャプチャーなど、ほとんどFireWireで揃えてきたのに……。

 アップルは「音楽を作るならFireWireだ」って強力に押してたんですよ。そのうちMacに移行しようという前提でFireWireの周辺機器を準備してきたのに、突然「ハシゴを外された」という。でもコイツ(MacBookホワイト)ならFireWireが残っているから、まだ俺の用途にピッタリなんです。

 FireWireが使いたければMacBook Proがあるじゃん。FireWire 800が付いてるよ?

 プロは高いから買う気はまったくないです(キッパリ)

 そうなんだ(笑)

ターゲットディスク ターゲットディスクとは、「T」ボタンを押しながらMacを起動することで、Macを外付けHDDのように扱える特殊なモードのこと。ムービーなど大容量データの移行に便利なのだ

 どうやらMacに興味がありそうなので、実機を彼に手渡してみたところ思わぬ展開が! 批判精神あふれるASCII.jp編集部では、たいてい他人のほめるモノはアラ探しから始まることが多い(関連記事)。それが何とMacBook ホワイトを絶賛し出したのだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください