このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

IMEは中国開発ってホント?

修正プログラムで賢くなった? Office IME 2007 6の疑問

2008年12月06日 09時00分更新

文● 小西利明/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Office IME 2007 Office IME 2007

 去る10月に、マイクロソフト(株)が「Microsoft Office Input Method Editor 2007」(以下IME 2007)修正プログラムを公開したことをご存じだろうか?(関連リンク

 IME 2007の変換精度については、ネット上での批判が少なくない。また、「使い続けるほど馬鹿になる」という評価は、IME 2007以前のWindowsやOfficeのIME(以下MS IME)にも寄せられていた。筆者もそうした現象に耐えかねて、MS IMEからATOKシリーズに乗り換えたクチである。

 ところが、この修正プログラムの説明文によると、「変換精度の改善」「学習機能の強化」「学習副作用の抑制」などの修正により、問題点が改善されるとある。IME 2007の変換精度問題はなぜ起こり、それがどう改善されたのか? 同社への取材を通じて、IME 2007にまつわる様々な疑問にお答えしよう。

 なおIME 2007については、Office 2007 Service Pack 1でも別の修正プログラムが提供されている(関連リンク2)。Office 2007がインストールされている環境で、Microsoft Updateを使っていれば自動で適用されていると思われるが、もしOffice 2007がSP1になっていないようなら、先にこちらを適用しておこう。


IME 2007は中国製……ではない

Q1 そもそもWindows VistaのIMEとIME 2007は違うの?

A1 違う。Windows Vistaの付属IME(以下Vista IME)は、Office 2003付属のIMEと同じエンジンを使っている。そのため、IME 2007とはエンジンがまったく異なる(後述)。同社インフォメーションワーカービジネス本部 オフィス製品マーケティンググループ シニアプロダクトマネージャの飯島圭一氏は「IME 2007が『Word』なら、Vista IMEは『Word Pad』のようなもの」と評している。最新の技術や機能は、Office付属のIMEから導入されていくというわけだ。

IME 2007 Vista付属のIME
IME 2007(左)とVista付属のIME。アイコン以外、見た目に違いはないが、エンジンはまったく異なる
IME 2007をインストールすると、標準ではVista IMEが無効になる IME 2007をインストールすると、標準ではVista IMEが無効になる。もしVista IMEが必要な場合は、画面左ダイアログの「追加」ボタンから復元できる

Q2 日本語IMEの開発は中国で行なわれているって本当?

A2 日本語IMEの開発は、日本で行なわれている。同社インプット メソッド テクノロジー シニアマネージャの佐藤良治氏によると、IME 2007以前のプロトタイプ開発の際には、日本だけでなく米国レドモントと中国北京にあるMicrosoft Researchとの共同作業が行なわれたという。それが誤解して伝わっているようだ。

 日本でのIME開発は専任チームを置いて、ほかのアプリケーション開発と同じように独自に行なっているという。IME開発は日本のほかに、韓国、中国、台湾にチームがあって、各言語に依存しない要素(OSとのインターフェースなど)の開発は、これら4チームによる共同作業で行なわれている。専任チームの規模は日本が最も大きいとのことだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART