このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

スピードも正確さも格段にアップ! 日本語入力「MS-IME」の強化書 ― 第2回

文字入力のスピードアップを図る6つの技

2008年11月14日 08時00分更新

文● 小野 均

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まず、変換から確定までのスピードを上げる7つの技を紹介。これらをマスターすれば、文書作成の時間が大幅に短縮されること間違いありません。これまでもたついたのは、IMEのことをよく知らなかったからだと実感できるはず。

スピード技-1
変換時にわずらわしい不要な候補を減らす

 かな入力の変換時、変換メニューに自分では使わない不要な変換候補が表示されるとわずらわしい。

 このような場合、変換候補を非表示にすることで必要な候補を探しやすくなる。

変換候補を減らす手順1 変換候補を減らす手順2
変換メニューで[↑][↓]キーを使い、不要な単語を選択して、[Ctrl]+[Del]キーを押す削除を確認するメッセージが表示されるので、[はい]をクリックする

 不要な候補を非表示にするには、変換メニューで選択して[Ctrl]+[Del]キーを押す。確認のメッセージが表示されたら[はい]をクリック。これで、次回以降表示されなくなる。

 なお、必要になったら再度表示させることも可能だ。

変換候補を減らす手順3 変換候補を減らす手順4
元に戻すときは、言語バーの[ツール]→[辞書ツール]をクリック。「抑制単語」を選択して[削除]をクリック[はい]をクリックすると、変換メニューに再度表示されるようになる

スピード技-2
「ひらがな→カタカナ」「全角数字→半角数字」を一発変換
「ひらがな」を「カタカナ」に

 カタカナを入力したいとき、入力モードを[全角カタカナ]や[半角カタカナ]に切り替えたり、ひらがなで入力後に変換するのは手間がかかる。

 このような場合は、ひらがなを入力して[F7]キーで全角カタカナへ、[F8]キーで半角カタカナへ一発変換する方法が便利。

変換まえのひらがな F7キーで全角カタカナへ F8キーで半角カタカナへ
入力直後の「ひらがな」候補で、F7キーを押すと……カタカナに一発変換。F8キーを押すと……半角カタカナに一発変換される。半角カタカナが必要ならF7を押さずに、すぐF8キーでOKだ

 また、半角英数字を入力したいのに全角で入力してしまった場合は[F10]キーで一発変換できる。逆に半角英数字を全角にしたいなら、[F9]キーを使えばいい。

全角数字はF10キーで 全角に戻すならF9キー
全角で入力した数字。ここで確定せずにF10キーを押すと……半角に一発変換。元の全角数字に戻したければF9キーで戻せる

 (次ページ、英単語を素早く入力する方法、へ続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ