このページの本文へ

充電もできる、iPod用FMトランスミッター

2008年11月06日 22時35分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ブライトンネットは6日、iPod用の充電機能付FMデジタルトランスミッター「FM Transmitter & Carcharger for iPod」を11月中旬に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、予想販売価格は5480円前後。なお、iPhone 3G、第3世代以前のiPodには非対応だ。

FM Transmitter & Carcharger for iPod
「FM Transmitter & Carcharger for iPod」。カラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2種類。音楽をFMで転送しながら、iPodの充電も可能

 本製品は車のシガーライターに差し込んで使用する。12/24V車に対応し、76.0〜108.0MHzの周波数帯で、0.1MHzきざみで設定できるのが特徴。海外での使用も可能だ。車のエンジンを止めると一時停止となり、2分後にiPodの電源がオフになる。

操作用ボタン 使用する周波数は、本体の「+」「-」ボタンで設定。中央にはFM機能のオン/オフを切り替えるボタンがあり、一時的に音楽再生を止めたいときに利用できる。音楽再生の中断中でも充電は中断しない

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中