このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

日本語入力ソフト

レビュー:ATOK 2008 for Mac[プレミアム]

2008年06月28日 15時00分更新

文● 池田冬彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Leopardがより賢くなる定番日本語入力ソフト


atok 【SPEC】
開発/販売元●(株)ジャストシステム 価格●1万2800円(通常版)、9000円(ダウンロード版)
http://www.justsystems.com/jp/

対応システム●OS X 10.3.9以上(Leopard対応) 対応機種●PowerPC G3以上、またはインテルCPUを搭載したMac

【COMMENT】
ATOK 2007で完成の域に達したと思っていたが、さらなる進化を果たした。日本語入力ソフトの頂点を極め、進化し続ける唯一の製品といえる。


ATOK 2008
「ATOK 2008」のインターフェース。(1)「変換候補」ウィンドウから直接インストールした各種電子辞書にアクセスして意味を調べられる、(2)「顔文字」「手書き文字」「日付入力」など、豊富なパレットを用意、(3)辞書ユーティリティーのデザインが一新され、直感的に操作できる、(4)Leopardのアピアランスにマッチした「ATOKパレット」、(5)校正支援や電子辞書検索の各種設定などが行える「ATOK環境設定」

 定番の日本語入力ソフト「ATOK」がさらに進化した。

 今回のアップデートでは、ATOK 2007で備えた各機能を踏襲しつつ、変換エンジンである「ATOKハイブリッドコア」が強化された。一般的な用語に加え、話し言葉の変換精度も向上している。辞書については、最新のPC/ITや環境問題、エコ関連用語などが追加されており、語彙力の強化が図られた。

atok
ATOK 2008では最新の電子辞書を利用できる。Macの用語については「アスキー マック用語辞典2008 for ATOK」を利用して意味を調べられる。リンクをクリックすると製品ページにジャンプする

 また入力支援機能では、あとに続く文節を連動して変換する「次候補連動変換」や、確定前の状態に戻せる「確定アンドゥ」機能を装備。さらに、校正支援では間違いやすいカタカナ語の指摘が強化された。この機能は用途に応じて切り替えられる。

atok
初期設定では校正支援モードが「指摘する」にセットされている。校正を強化したい場合は、「指摘する(強)」を選択すればいい

 Leopardへの対応については、64ビットアプリケーションでの入力のほか、「ATOK」パレットを同OSにマッチしたアピアランスに変更できる。しかも辞書情報のクイックルック表示が可能となった。

atok
初期設定でオーパル/ブラック/ホワイト──の3種類のアピアランスが選べる。なお、「ATOKパレット」の項目のカスタマイズも可能
atok
辞書や辞典の内容をクイックルックで表示可能。たくさんの辞書や辞典をインストールしても、意味がすぐにわかるので便利

 そのほか、インターネットの情報をATOKで利用するための拡張ツール「ATOKダイレクト」機能が加えられた。同社のウェブサイト「atok.com」でプラグインとしてダウンロード提供され、これを適用することで入力した言葉に関連する変換/検索が可能だ。

 ATOK 2008は、パーソナルユースからオフィスユース、プロのライターの原稿執筆など、あらゆるシーンで威力を発揮する日本語入力ソフトといえる。  


(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください