このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ドトーの液晶モニタテスト! ― 第4回

[特集] オレ達はイイモニタが欲しいんだ!

液晶を いま買わなきゃ いつ買うの!?【24インチハイエンド編】

2008年05月23日 21時30分更新

文● 山田 広樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フルHD+AV&ゲームに完全対応!
マルチに使える24インチハイエンドモデル

 前回までの特集では、比較的お財布に優しい低価格のモデルを紹介してきた。今回は、画面サイズは前回と同じ24インチながら、機能、質感、性能にこだわった24インチハイエンドモデルを紹介する。フルHDの使いやすさに加えて、HDMIやコンポーネント、D端子などAV入力にも完全対応。ゲーム機もハイビジョンレコーダーも複数台を接続でき、一人暮らしなどに便利なモデルが、このカテゴリーだ。
 液晶パネルも全機種でVA方式を採用しており、さまざまな角度で見る可能性があるリビングなどでも見やすいのもポイント。10万円超のモデルが多いが、接続機器の豊富さを考えると、コストパフォーマンスでは今まで紹介したモデルに勝るとも劣らないのだ。

24インチ超ハイエンド
デザインもグッとテレビに近くなっているモデルが多いのがこの24インチハイエンドカテゴリーだ

 さらに後半では、AV機器向けではないが、より正確な色味を求める人向けのIPS方式の液晶パネルを採用した25.5インチハイエンドモデル2機種、30インチ、WQXGA(2560×1600ドット)の大型液晶モデル1機種を紹介する。


液晶テレビでもよく採用されている
「VA」方式の液晶パネルがようやく登場

 前回までは、価格面を重視したお買い得モデルのみを紹介したということもあり、全てが安価なTN方式の液晶パネルを採用していた。しかし、本記事で紹介するモデルは、各メーカーがフラッグシップとして発売しているモデルでもあり、視野角に優れるVA方式の液晶パネルを採用しているモデルとなる。

VA液晶 TN液晶
写真左がVA方式の製品、写真右がTN方式の製品。前回までの同じアングルの写真と比べて見てみると、色の変化がより少なくなっているのが分かる

 このため、同じ24インチサイズながら第3回目で紹介した製品とは、2倍以上の価格差がある製品も登場する。これには液晶パネル方式の違いもさることながら、フラッグシップモデルならではのメーカーごとのチューニングや機能の付加などの設計の違いも表われている。そのほか、リモコンで入力切り替えなどの本体操作ができるなど、使い勝手にこだわったモデルもある。まさしくハイエンドモデルなのだ。

リモコン 三菱電機「VISEO MDT242WG」では、手元で画質調整なども可能なリモコンが付属する

 それでは次ページから早速、各メーカーのフラッグシップモデルである「24インチハイエンドモデル」5機種を紹介していこう。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社