このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情 ― 第2回

[特集] 自作PC中級者が“知ったか”はハズいぜ!【Vol.2】

アキバで恥をかかないための最新パーツ事情【マザー編】

2008年04月08日 23時59分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 そろそろいい感じでヘタれてきたマイPCを強化したい……そんな気持ちを抱いただけでアキバに行っても、店頭の価格表を見ただけで激しいめまいに襲われること必至。そう、アキバは知識のないものには容赦のない非情の街なのだ(かなり誇張が入ってマス)。

ついカッとなって買った ついカッとなって買った。今は反省している。マザーなんてどれも同じだと思っていた。まさか非対応だなんて……(豊島区/自宅警備員Hさん)

 そこで前回は強化をとっかかりとして、CPUの“今どき”を解説した。基本的にソケット形状が同じCPUのうち、上位版を選んでいくことになる訳だが、古い設計のPCに最新CPUを装着してもそのまま動く可能性は残念ながらほとんど“ない”。
 その理由は、CPUを装着するマザーボード(以下:マザー)側が最新CPUに対応していないからだ。この動く・動かないを決定づけるのが「チップセット」と呼ばれるマザー上のチップ。しばしばCPUはPCの頭脳と例えられるが、チップセット(マザー)から見ればCPUは単なる付属物にすぎない。という訳で今回はPC強化の要となる「マザーボード」の“今どき”を解説することにしよう。

CPU以上に頭を悩ますのが、このマザーボード選びだ

CPUとチップセットの関係を世代で把握する

 あるPCがどこまで使い続けられるか、どこまで強化できるかは、マザーで大きく変わる。今使っている古いPCに最新CPUが載らないのは、マザーがダメだからだ。特に最近はCPUの世代とチップセットの世代がリンクするようになってきたため、最新CPUにこだわるのであればマザーも一緒に購入することになる。では、まず簡単に主要なCPU、ソケット、マザー上のチップセットの世代を簡単に整理してみよう。インテルとAMDでは全く異なるので注意されたい。なお、Celeronなどの廉価版CPU、nForce系の一部や、統合型チップセットなどは省略している。

インテル編
CPU名 ソケット チップセット
Pentium 4 Socket 478 845P/865P/865Pなど
Pentium 4 LGA 775 915P/955X
Pentium D LGA 775 945P/975X
Core 2 Duo LGA 775 945P/965P/P35/X38/X48など
Core 2 Duo
(45nm世代)
LGA 775 P35/X38/X48など
AMD編
CPU名 ソケット チップセット
Athlon XP Socket A nForce2/KT800など
Athlon 64 Socket 754 K8T800/nForce 3 150など
Athlon 64 Socket 939 nForce4など
Athlon 64 X2 Socket 939 nForce4など
Athlon 64 X2
Athlon X2
Socket AM2 AMD 690G/770/790FX/nForce 500シリーズなど
Phenom Socket AM2+ AMD 770/790FXなど

 上の表の中で、太字の部分が、現在各CPU陣営で現役とされているものになる。つまり、今PCを強化したければ、これらCPUに対応した世代のチップセット(新しいほどよい)を載せたマザーとペアで購入するのが最も賢い選択なのである。
 手持のCPUとソケット形状が同じな場合、当面はマザーだけ新しく、CPUは後でという選択も考えられるが、実はチップセットの世代とCPUの世代があまりにかけ離れているとサポート外になる可能性が高まるのであまりオススメできない。例えばLGA 775のPentium 4の場合、P35マザーに装着することは可能だが、FSB 533MHzのモデルは動かすことすらできないのだ。

LGA 775 LGA 775のPentium 4の場合、最新のマザーボードだとCPUを装着できても動作しないことがある。CPUとマザーでサポートするクロック周波数が違うからだ。何でも「新しければ良い」というわけではない

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中