このページの本文へ

desknet'sがバージョンアップ Googleとの連携や複数機能連携の「議事録」機能を搭載

2007年06月13日 21時14分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ネオジャパンは同社のグループウェア「desknet's」の最新版Ver6.0を発表した。新たに搭載されたのは会議に関係する複数の機能を横串で利用できる「議事録」機能と、Google Mapsとの連携が主な強化ポイントとなる。


複数機能を横串で利用できるジョブの概念を導入


 ネオジャパンでは、バージョンアップにあたって、100~1000人規模の導入企業を対象に製品の利用実態をヒアリングしたところ、スケジュールの調整や召集、決定事項の告知など会議に関する利用が多かったという。

 そこで、今バージョンではdesknet'sの中から会議に関係するをまとめた形でジョブとして利用する「議事録機能」を搭載した。この機能は、スケジュールやToDo、Webメール、文書管理などを連携させて、会議前の参加者への通知やレジュメの作成依頼、開催日の議事録、開催後の回覧や記録の管理などを行なうもの。

 また、スケジュール機能でも強化が図られ、Google Mapと連携し、行き先の地図を登録する機能を搭載した。

 価格は5ユーザーライセンスで4万1790円からとなっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ